相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺言作成の脅迫と欠格

遺言作成の脅迫と欠格

遺言作成の脅迫と欠格

遺言とは、被相続人が自分の意志を後世に残すための大切な証書です。

これを相続人が被相続人を脅迫して自分の有利なように書かせたり、書き直させたり、または脅迫して他の相続人が有利な内容を書かせなかったりする、遺言を偽造したり破棄したり、発見されないように隠したりした場合は相続人欠格となり、財産を相続する権利を失います。

相続欠格には相続廃除のような申請の必要がなく、欠格事由に値する行為が発見されたと同時に相続欠格となります。

脅迫して遺言書を書かせた場合でも、脅迫した相続人に有利になるような内容を書かせた場合でなければ直ちに欠格になるわけではありません。

遺産分割割合で自分の取り分が多くなるように脅迫して書かせた場合は欠格事由に値しますが、遺産執行人を指定させたり指定を妨げたりした行為などは欠格事由に当たらないということです。

また、相続欠格人となると遺贈での財産も受け取ることが出来ませんが、代襲相続はそのまま存続しますので、相続欠格者の子供などが代わって相続することになります。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何ぶん初めてのことなので、不安が多かったのですが、一任する形で出来、安心できました。ありがとうございました。

伊原様、仲谷様には非常にお世話になり感謝しております。 全てにおいて、迅速にご対応いただきました。又、こちらからの細かな質問や依頼に関しても、一つ一つ丁寧に、誠実にご対応いただき、とても安心感がありました。 チェスターさんに手続きをお願いして、本当に […]

担当のお二人は人柄も良く質問し易い雰囲気を作っていただけて、とても話しやすかったです。 それから、相続人全員に常に中立の立場で、その都度適切に冷静に対応して下さりとても助かりました。 チェスターさんにおまかせするまでは不安でいっぱいでしたが、おまかせ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る