相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺言作成の脅迫と欠格

遺言作成の脅迫と欠格

遺言とは、被相続人が自分の意志を後世に残すための大切な証書です。

これを相続人が被相続人を脅迫して自分の有利なように書かせたり、書き直させたり、または脅迫して他の相続人が有利な内容を書かせなかったりする、遺言を偽造したり破棄したり、発見されないように隠したりした場合は相続人欠格となり、財産を相続する権利を失います。

相続欠格には相続廃除のような申請の必要がなく、欠格事由に値する行為が発見されたと同時に相続欠格となります。

脅迫して遺言書を書かせた場合でも、脅迫した相続人に有利になるような内容を書かせた場合でなければ直ちに欠格になるわけではありません。

遺産分割割合で自分の取り分が多くなるように脅迫して書かせた場合は欠格事由に値しますが、遺産執行人を指定させたり指定を妨げたりした行為などは欠格事由に当たらないということです。

また、相続欠格人となると遺贈での財産も受け取ることが出来ませんが、代襲相続はそのまま存続しますので、相続欠格者の子供などが代わって相続することになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

対応が明解でとても良かった。土地の評価も確実にやってくれて満足しました。

本当に、お世話になりました。 次回もぜひ、同じ方にお願いしたいと考えております。 ありがとうございました。

適切なご指導とスピーディなお仕事ぶりに感心するとともに大変感謝いたしております。 今回の申告について今後なにかありました時にはよろしくお願い申し上げます。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る