相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

借金の相続について

借金の相続について

借金の相続について

被相続人が残す財産には、預貯金や不動産などのプラスの財産と、借金などのマイナスの財産があり、相続人はその全てを引き継がなければなりません。

被相続人に借金があった場合、被相続人が亡くなったことで相続人が被相続人に代わって債務者となり、借金の返済をしなければなりません。

相続をしたのに返済しないままでいると、自分が借金をした場合と同じように利子が付き、最悪の場合財産が差し押さえられたりします。

被相続人に借金があったことが判明した場合、まずプラスの財産から支払い可能かどうかを調べます。

それで返済が不可能だと判断された場合、相続放棄をすることによって借金の弁済義務は消滅します。

ここで気をつけたいのが相続放棄をすると借金も帳消しになる代わりにプラスの財産も相続できなくなるということです。

マイナスの財産だけ相続放棄、ということは出来ません。

相続放棄は相続開始日から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申請しなければなりません。

相続開始日から3ヶ月過ぎた後に多額の借金が発覚した場合などは、借金の存在を知ることが出来なかった理由が認められれば、借金があることを知った日から3ヶ月以内でも相続放棄することが出来ます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る