相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

住宅ローンの相続について

住宅ローンの相続について

相続で住宅を相続したときに、その住宅のローンがまだ払い終わっていないというケースは多いと思います。

相続では、住宅、預貯金などのプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も引き継ぐことになります。

ですから、残っている住宅ローンの支払い義務も当然相続しなければなりません。

このとき、この住宅を相続してこれからもここに住むという人がそのローンを支払うのが当然と考えるかもしれませんし、実際にそのようにしている場合が多いです。

しかし、相続人の間で話し合いによって誰がローンを引き継ぐかを決定したとしても銀行に承認を得ないうちは、相続人全員に債務があり、債権者である銀行には「住んでいる人に請求してくれ」とは言えません。

ですから、誰がローンを支払うか、遺産分割協議や遺言などで決まっていたとしても、債務者である銀行に承認を得ておかなければなりません。

最近では、生命保険付き住宅ローンなどが多く、遺族がローンの支払いをしなくてもよい場合があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

(1)電話での対応、事務所を訪問した時の対応など、とても感じが良かったです。 (2)送っていただいた相続に関するファイル一式は仕事の確かさを物語るものでした。ありがとうございました。 (3)チェスターを選んだ理由を書かせていただきます。 決め手は相続 […]

説明や疑問点にとても丁寧に優しく対応して下さいました。 より良い方法を提案して頂いてとても助かりました。安心してお願い出来ました。

なんといっても担当者の近岡さんの対応がよかった。 案内の適格さ、スピード、レスポンスなど満足度は非常に高いです。 私も金融機関に勤めており会計士さん・税理士さん・司法書士さんと接する機会は多いのですが、 相続に強い御社を利用させていただき円滑な申告が […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る