相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続登記を一部だけできるか

相続登記を一部だけできるか

相続登記を一部だけ登記することはできるのでしょうか。

例えば、相続した土地がA、Bとあり、それを二人でそれぞれ相続することになった場合、Aは登記をしてBは登記をしない、というようなことができるのでしょうか。

相続登記は、自分が相続する分にしかすることができません。

遺産分割協議書を作成して、どの相続人がどの財産を相続するかを決めて、Aの土地を長男が相続し、Bの土地は次男が相続すると決めたならば、長男はAの土地についてのみ相続登記をすることができますが、Bの土地には関与できません。

一方、土地が共有財産である場合は、単独で相続登記することはできません。

遺産分割が決まっていない状態の時は、財産は共有状態にありますから、長男がAの土地を当然に相続すると思っていても、単独で登記はできません。

また、遺産分割協議によって、土地は共有すると決定した場合も同様に、単独で相続登記をすることはできませんから、長男は次男と一緒に登記する必要があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続是専門・スピード申告との看板通りであり、説明も丁寧で分かりやすく、当方の要望にもスピーディーに対応していただきました。 特に不動産評価については期待以上の負担軽減となり、本当にありがとうございました。

親身になって対応して頂き、非常に満足しております。ありがとうございました。

当方が、相続について分からないことばかりでしたが、ご親切・ご丁寧に対応いただき、 無事に相続税申告まで至ることができました。大変ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る