相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の障害者控除について

相続税の障害者控除について

相続する方が、85歳未満(平成22年3月31日以前の相続の方は70歳未満)で障害者の時は、障害者控除があり、相続税の額から規定の金額が控除されます。

障害者控除が適用されるには、次の条件の全てを満たしている必要があります。

第一に、相続開始時点で日本国内に住所があること。

第二に、相続開始時点で、障害者であること。

第三に、法定相続人であること。

この三点です。

相続の放棄があった場合は、その放棄がなかった場合においてすでに相続人でなければなりません。
具体的な控除額は、その障害者が満85歳になるまでの年数1年につき6万円で計算した額となります。

また、特別障害者に該当する相続人については、控除額が1年につき12万円となります。障害者控除額が、障害者本人の相続税額よりも大きくなる場合には、さらにその障害者の扶養義務者の相続税額から差し引きます。

ただし、その障害者が以前にも障害者控除を受けているときは、この控除額が変更されることがあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限が短いにもかかわらず、ていねいにスピーディに処理して頂き感謝しております。ありがとうございました。 担当の方から進捗状況の連絡もあり誠意ある対応でとても安心して期日まで待つ事ができました。

初めての相続手続でしたが、懇切丁寧に相談に乗っていただき大変助かりました。 問い合わせはメールが中心でしたが、迅速に回答していただき有難うございました。

もともと公認会計士をしていた若いお2人が、税理士業を開業されたとのことで依頼した当初は、正直言って、実務経験不足や人生経験不足に一抹の不安がありました。が、それは見事に杞憂に終わりました。 なにしろ税理士報酬額はコスト重視プランを選んだとは言え同業他 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る