相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続放棄と遺族年金の関係

相続放棄と遺族年金の関係

相続放棄と遺族年金の関係

遺族年金は、残された家族への生活保障制度ですので相続財産ではありません。
したがって受給資格さえ充足していれば、相続放棄しても受給権は失うことなく、問題なく受給できます。

なぜならこれらの権利は相続によって取得するものではないからです。
ようするに、遺族年金を受ける権利は、死亡した人との関係において法律上で定められているため、 受給権者となったものは自身の固有の財産として遺族年金を受給すること可能となっております。
なぜなら、一般的に受取人の固有の権利として、相続の対象ではないと考えられているからです。

収入要件(年収850万円未満)や生計同一要件といった一定の条件を満たしていて、 遺族年金の受給権が発生するのであれば、相続放棄をした場合においても遺族年金は受給できるのです。

なお、この受給権は、受取人固有の権利ですので、他の相続人に遺留分減殺される事はありません。
債務が多くて相続放棄しても遺族年金は受け取れるという、一見矛盾しているようにみえますが、問題はありません。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回の面談から、丁寧なご説明とご親切な対応で、安心しておまかせすることができました。 ありがとうございました。

とてもていねいで親切なご対応に感謝しております。 スピーディで的確なお仕事に感銘致しました。 本当にお世話になりました。心から御礼申し上げます。

いつも丁寧にご対応頂けました。 物腰柔らかくお話して下さるので、安心してお任せできました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る