相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺留分放棄の手続きについて

遺留分放棄の手続きについて

遺留分放棄の手続きは、相続開始前と相続開始後で手順が若干異なります。

まず相続開始前の手順ですが、相続開始前において、遺留分の放棄をすることは可能となっておりますが、家庭裁判所に対して放棄許可の申請をする必要があります。

遺留分を有する相続人は、相続開始時(被相続人が死亡する前)までに、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に対して放棄許可の審判を申立てます。

なお、相続の開始前に手続きをする事による利点は、放棄許可の審判がなされると、遺留分の放棄の効力が発生し、相続開始の際に遺留分の侵害があったとしても、放棄者に遺留分減殺請求権が発生しないことになります。

次に相続開始後の手続きの手順ですが、遺留分を有する相続人が遺留分を放棄することについては、はっきりと規定されている条文はありませんが、個人財産権処分の自由の見地から有効に遂行することが可能であると解されています。

相続開始前の放棄の手続きとは異なり、家庭裁判所の許可は必要なく、様式も自由とされています。

なお、遺留分の放棄は、相続の放棄ではないため、遺留を放棄した場合でも相続開始後は相続人となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続の資料が不完全な中の対応頂き感謝しております。 最悪の事態を想定した上での算定、アドバイス勉強になりました。 お疲れ様でした。有難うございました!!

項目ごとに、メリット・デメリット等わかりやすく説明をして頂けた為、安心してお任せできた。

今回もお世話になりました。 連絡、TELでのやりとり、伺った際の説明、申告までスムーズで安心してお任せできました。 ありがとうございました!

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る