相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続登記の申請方法

遺産相続で相続した土地や建物などの不動産は、相続登記の申請をする必要があります。

相続登記の申請とは、簡単に言えば不動産の名義変更をすることです。

この申請には、いつまでにという決まった時間の制限はありません。

しかし、申請をしないままにしておくと時間の経過とともに、相続人に相続人が発生し、と言うように相続人が枝分かれし分別がつかなくなる恐れがあります。

相続は人が生きている限り後世代に継続されます。

そのためにも、必ずする必要のある手続きです。

相続登記は相続不動産の類により相続人個人で申請できないものではありません。

しかし、その不動産の所有関係、権利関係などが他者を含む複雑な場合、必要書類や手続きが相応に複雑化し、またそのための時間も十分なければ個人での申請は非常に難しくなります。

そう言った場合は、司法書士等に相談しましょう。

相続登記は、相続する不動産を管轄している法務局に申請します。

申請人は原則として相続人になります。

相続登記証明書、登記原因証明情報、住民証明情報、登記に必要とされる登録免許税を準備し申請してください。

相続登記には、法定相続、遺産分割、遺言書それぞれにより相続登記を大きく3つに分類しています。

それぞれの相続登記にあった各種証明書の取得が必要です。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

まったくわかっていない私共からの的はずれな質問にも根気よくお応え下さりありがとうございました。E/MAILでのすばやい返信には感服しました。また回答が常に明快であいまいさがなくとても安心できるたいおうでした。ありがとうございました。

・相続税の対象となる資産が、後から追加で見つかったが、迅速かつ適切な対応をして頂いた。 ・打ち合わせは、平日でなく土曜日に対応して頂けた。 ・2次相続を念頭に、現実的なアドバイスをして頂けた。

次回、相続発生時も、依頼したいと考えています。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る