相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺留分と相続

遺留分と相続

遺留分とは民法に定められている一定の相続財産割合のことです。

基本的には、相続者保護の観点と遺言書内容の自由な権利に制限を加える観点から定められています。

例えば、被相続人が遺言書内で自身の相続財産全てを法的相続人ではない第三者にすべて遺贈すると書いているとします。

本来の相続人はそれら遺産がなければ生活できないという状況に追い込まれる可能性もあります。

そのようなことが起きない為の法的制限として、遺留分が定められているのです。

遺留分にはその権利を謳える物とその割合に決まりがあります。

遺留分権利者は、被相続人の配偶者、子供、直系尊属で、兄弟姉妹は遺留分権利者にはなりえません。

直系尊属のみが相続人である場合はその割合は遺産の二分の一で、その他配偶者や子供などと言う場合は法定相続分の二分の一と決められてます。

この遺留分が侵害される場合があります。

前に記述したように被相続人が遺言書で全遺産を遺留権利者でない第三者に遺贈するなどを書いている場合です。

遺言書は被相続人に遺産の相続方法を指定する権利を与えていますので、このように書かれている場合もあります。

その場合、遺留権利者は遺留分減殺請求をすることで遺留分の相続権利を主張できます。

この権利を主張できるのは、遺留分が侵害され減殺請求すべきことを知ってから1年以内に行わなければその権利を失います。

また、相続の排除や放棄などで相続人としての権利を亡くしたものは、この遺留分の権利も放棄することになります。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

「相続税+相続住宅売却及び所得税」について一体でできる貴社グループにお願いし、吉原様にはいろいろなお願いをさせて頂きましたが、エクセルによるシュミレーションプログラムをはじめ、満足できる対応をして頂きました。大変感謝しております。不動産売却、所得税申 […]

相続をどのように進めたらよいのか不安な中で、やるべきことを明確にご指示頂き、細かな事項もひとつずつ確認頂いたので、その流れに乗って順調に手続を進めることができました。 専門的なことも時間を惜しまず丁寧に説明して貰えたので、相続手続全体がよく理解出来ま […]

申告日ギリギリの中対応して下さり、とても助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る