相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

胎児に相続権はあるか?

胎児に相続権はあるか?

相続において、お腹の中にいる胎児はどのようにあるかわれるかご存知ですか?胎児ですから、まだ生まれてきていません。

胎児に対して民法ではその相続権があることを定めています。

しかし、胎児が死体で生まれた場合はその権利はなくなるものとした条件も付いています。

つまり、お腹の中にいる胎児にもその権利は与えられているということになりますが、生まれてこないことには最終的に相続人になるのかどうかは決定していないという状態です。

相続人の中に胎児が含まれる場合は、その胎児が相続人か否かが決定していない為、遺産分割協議も遺産放棄もできません。胎児が生まれてくるのを待ってから行うことになります。

しかし、生まれたばかりの子がその意志を主張することは明らかに無理です。そのため、遺産分割協議をする場合は家庭裁判所が選任した特別代理人を参加します。

特別代理人には、その子の実の親はなれません。利害の相反が発生するのがその原因です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

複数の土地や賃貸アパート、駐車場があり、とても自分では手に負える状況ではありませんでした。 そのような状況でしたが、特に貸付地、雑種地、生産緑地に関して尽されて、 精度の高い財産評価をして頂き大変助かりました。 また、初めから報酬費用が明確になってい […]

満足しています。将来の自分の時も貴社にお願いするように子供たちに伝えておきます。

非常に詳しく丁寧に手続きしていただきました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る