相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺留分減殺請求とは

遺留分減殺請求とは

相続人の遺留分が、他の相続人や受遺者などに侵害されている場合その相続人は、何か対処の方法があるのでしょうか。

遺留分減殺請求が、その対処法に当たります。

遺留分減殺請求とは、相続人の元来相続し得るべき遺留分が他者に侵害されているとした場合にそれを取り返すことです。

遺留分減殺請求は相続人が配偶者、子、また直系尊属に限られているので、兄弟姉妹はこの権利を持ちません。

また、遺留分減殺請求ができる期間も決まっており、相続開始を知ってから1年以内または、相続開始の事実をある理由で知り得なくとも10年以内に執行しなければ事項としてこの権利はなくなります。

遺留分減殺請求は、遺留分を侵害しているとされる相続人や受遺者に対して内容証明郵便でその意志を示せば執行したと認められます。

その意思表示のみで相手方がすぐ対処してくれる場合は問題ありませんが、一般的には遺留分返済の過程で速やかな処理が行われることが少なく、双方で処理できない場合は家庭裁判所を介しての協議や調停で遺留分を取り戻すこととなります。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

たいへんお手数のかかる内容を対応していただき感謝しております。 今後共、どうぞ宜しくお願いいたします。

どんな事でも、ひとつひとつ丁寧に答えて頂いたのはよかったと思います。

相続税の申告期限が迫り、慌てて■■へ駆け込みました。そこで相続税の対策に詳しいと貴社を紹介して頂きました。 直接お会いしたのは2回程。後は書類の郵送と電話でのやりとりだけでした。 担当の方の親切丁寧な対応と、仕上がりの書類に大変満足しております。 本 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る