相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

嫡出子と非嫡出子で相続税の計算方法が異なる

1.嫡出子と非嫡出子とは?

嫡出子は、法律上婚姻関係のある男女から生まれた子をいいます。非嫡出子はそれ法律上婚姻関係のない男女から生まれた子をいいます。一般的には婚外子、愛人の子、妾の子とも言われています。

2. 非嫡出子は相続で不利?

 非嫡出子は、認知されて初めて相続権が認められます。また、認知されて相続権が認められたとしても相続分は嫡出子の半分でした。でした、と過去形になっているのは、平成25年12月5日に民法が改正されて、非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分と同等にしました。この改正の根拠となったのは平成25年9月4日の最高裁の違憲決定です。すなわち、非嫡出子が嫡出子に比べ相続分が半分というのは、憲法が保障する法の下の平等に違反するという経緯から違憲決定となったのです。

3. 新法の適用はいつから?

 平成25年9月5日以降に開始した相続から新法が適用されます。なお、この日以前であっても既に遺産分割が確定しているもの以外は、新法の取扱いをします。

4. 相続税の計算

非嫡出子の相続分に係る民法の改正により、相続税の申告にどのような影響を及ぼすのでしょうか。相続税の計算において、相続財産を一度法定相続分で分割したものと仮定して相続税額を計算することから、法定相続分が変わると相続税も変わります。相続税について下記の時期に応じてそれぞれ下記のような取り扱いとなります。
1)平成25年9月4日以前に相続税が確定している場合
相続税額が確定しているということは遺産分割も平成25年9月4日以前に確定しているということですので、相続税額の是正は出来ません。
2)平成25年9月5日以降に相続税が確定する場合
嫡出子と非嫡出子が同等の相続分であるものとして相続税を計算します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

色々無理難題聞いて頂いて有り難うございました。

初の相続税申告で不安一杯でしたが、お陰様で完遂できました。 若い福留さんに気軽に相談できたので、思ったより簡単に終えられた気がします。安心してお任せできたという事ですかね。また機会?があれば是非お世話になりたく思います。

親身に相談にのっていただき、ご丁寧な対応ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る