相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

弁護士に相続で相談できること

弁護士に相続で相談できること

遺産相続が始まると、相続人間での争いごとが発生します。

それは、遺産の内容と相続人それぞれの考えの違いから起こってしまうものです。

このような問題を発生させない為にも、発生した場合は速やかに解決する為にも、専門家である弁護士に相談できることはたくさんあります。

まず、遺産を相続される者、被相続人の遺言に関してです。

遺言が存在すればこのような争いごとを少しでもなくすことができるのではないでしょうか。

故人の意思表示を相続人としても無視することは良心も痛むことでしょう。

しかし、遺言の残し方、書き方などを理解していなければ、せっかく遺言を残しても法的に無効となる場合があります。

そのようなことのない為に、弁護士に相談しながら遺言を書くことは自らの意思表示を少なくとも相続人に伝えそれを実行させる役目を手助けしてくれます。

相続人の立場であれば、遺産分割で相続人間の意思がまとまらず相続手続きが順調に進まない場合弁護士に相談できます。

相談するのは、相続が始まった後できるだけ早い段階の方が良いでしょう。

それは、相続人の確定など一般人では見逃しやすい初歩的な段階から専門家である弁護士がその手続きにあたることで、正確にまた状況に沿った手助けをしてくれます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

不明点等、よくメールにて問い合わせをさせて頂きましたが、 いつも迅速・丁寧なご回答をいただき、大変感謝しています。有難うございました。

申告期日まで3ヶ月でのご依頼となりましたが、期限までに申告ができ、大変助かりました。 内容的にも特例等、漏らす事なく確実に適用していただき満足しています。ありがとうございました。

面談やメールでの対応全てが丁寧で分かり易かったです。 特に我々の不動産売却に対して、関係書類の作成等、こちらの希望するスケジュールで対応して頂き、大変感謝しています。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る