年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

弁護士と遺産相続

弁護士と遺産相続

1.遺産相続

遺産相続において相続人が複数いる場合には、遺産を分ける手続きをしなければなりません。遺言がある場合には、原則としてその遺言に従い、遺言がない場合には、相続人間で話し合う遺産分割協議が必要となります。
相続人間で遺産分割協議が整わない場合には、家庭裁判所に調停の申し立てをします。調停においても決まらない場合には、家庭裁判所にて審判により遺産の分け方が決定されます。

2.弁護士が登場する場合

遺産分割協議で弁護士が介入してくるケースとしては、相続人本人同士で話し合いがまとまらない場合でしょう。相続人が共に弁護士を通して話し合いを進めることになることが多いですが、特定の相続人のみが弁護士を立てて協議をすることもたまにあります。弁護士間での話し合いでも協議が整わない時は上記1と同様に調停、審判というながれになります。調停や審判についても代理人である弁護士が相続人の代わりに様々な手続きを代理で行ってくれます。
また、遺言書がある場合において、特定の相続人が遺留分減殺請求をする場合にも弁護士が介入してくる場合があります。

3.専門家をうまく活用しよう

相続においては、弁護士だけでなく様々な専門家が存在します。相続税申告については税理士、相続登記については司法書士、相続人の確定では行政書士、相続において土地の分筆が必要となった場合には土地家屋調査士、遺産分割で不動産の時価鑑定が必要になった場合には不動産鑑定士などが相続では関わりをもちます。このような専門家をうまく活用することが相続手続きを適正、迅速に進めるためのコツとなります。

関連性が高い記事

相続における居住権の主張

居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]

相続財産法人とは

相続財産法人とは 遺産相続が始まり、被相続人の戸籍上相続人の存在が認められない場合や、相続人がいてもすべての相続人が相続放棄をした等の場合は被相続人の遺産は相続財産法人により管理、調査及び換価されることになります。 ここでは、こういった場合に存在する […]

相続で実印登録がない場合

相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る