相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺産相続に期限はあるか?

遺産相続に期限はあるか?

遺産相続をいつまでに終わらせないといけないかという法律で定められた期限はありません。

しかし、遺産相続における多々手続きや申請にはその期限が決められています。

すなわち、その期限内に一定の処理を済ませておかなければ期限が過ぎてしまうとし得るべき主張ができなくなったり、また納税などに関わってくる場合は加算税の対象となるなど、不利益が生じます。

よって、これらの各手続きに決められている期限を遺産相続の期限の参考とするべきと言えます。

遺産相続において、3か月以内で済まさなければいけないのは相続の方法です。

相続放棄をする場合や限定承認をする場合はこの期間内で行ってください。

4か月と期限が決められているのは所得税の準確定申告です。

10か月以内に行わなければいけないのは相続税の申告と納税です。

一般的には、この手続きを必ず期限内にしておくべきです。

税金の申告や納税は遺産相続の進行が順調か否かは判断基準になりません。

必ず期限内に手続きをし、もし相続が終わり多く税金を払い過ぎている場合はその段階で再度申告をすれば多く払われた税金が還付されます。

このほか、遺留分の減殺請求は法で1年以内と定められています。

相続税の為の税額軽減や評価減適用の為の手続きは10か月以内とされていますが、この期限内で遺産分割の協議がまとまっていない場合別途延長の申請をした場合は、さらに3年の猶予をもらえます。

以上のように、相続遺産における決められた各手続きの期限は最長でも3年10か月と言うことになり、これを遺産相続の期限として捉えることもできるわけです。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

コロナの影響で初回の打合せ(新宿にて)以外はすべてメール、電話、郵便でしたが、 レスポンスも早く、内容もわかりやすく、大変助かりました。 ありがとうございました。

・8月頃、どこへ申告業務を頼めばよいか焦っていたが、初回の相談日程を早めに設定してくれたのが頼りになった。 ・資料準備ガイドを用いて、今回の私のケースに必要な箇所、不要な箇所を赤ペンで明記してくれたので、判り易かった。 ・ある銀行から入手の投信の記載 […]

専門用語がよく出てきたので、すぐに理解できなくて、自分で調べたりと勉強するきっかけになった。 相続税についてなどは、専門家でないと正確にはできないものです。とても助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る