相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺留分の放棄の方法

遺留分の放棄の方法

遺留分を放棄することはできます。

この放棄は相続開始後であれば自由であり、裁判所などへの申し立てなどは必要ありません。

しかし、相続開始前に遺留分を放棄する場合は裁判所への申し立ての裁判所による審判が必要条件となります。

これは、遺留分の被相続人生前時放棄を自由に認めてしまった場合、被相続人となり得るものが相続人となり得る者にその意思を強要するなど悪影響があり得るからです。

どのような場合に生前の遺留分放棄をするかですが、例えば父親の遺産をその長男にすべて相続させるという遺言を残す準備がされており、相続開始後その内容を円滑に進めるためにその他相続人が遺留分を放棄する場合にされます。

遺留分の放棄は相続人となる者が被相続人に対してその意思表示をすることになりますが、必ず家庭裁判所の許可と審判がなければ有効と認められません。

この申し立ては被相続人の住所を管轄している家庭裁判所に遺留分放棄許可審判の申立書を申請することで手続きできます。

申請が受理された後、家庭裁判所に赴き遺留分放棄の意味を相続人本人が把握しているかどうか、なぜ放棄するのかなどの面接があります。

これら面接での内容を家庭裁判所が判断し、その審判を下すことで放棄の有効性が確定されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お仕事ぶりを拝見し、とても素人には無理で依頼してよかったと思っております。 費用も明瞭でした。減価償却費についても教えていただき、ありがとうございました。

申告期限まで約1ヵ月という短期間であったが、迅速かつ適確に進めて頂き感謝しています。 遺産分割に係るアドバイスもわかりやすく大変参考になりました。

分からないことだらけで色々と質問させて頂きました。 毎回ていねいにお答え頂き、また嫌な顔ひとつせずいつも優しくご対応頂きました。 また、女性の先生ということもなんとなく親しみやすくて嬉しかったです。 一人ではできないことでしたので、この度のご縁を心よ […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る