年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺留分の放棄の方法

遺留分の放棄の方法

遺留分の放棄の方法

遺留分を放棄することはできます。

この放棄は相続開始後であれば自由であり、裁判所などへの申し立てなどは必要ありません。

しかし、相続開始前に遺留分を放棄する場合は裁判所への申し立ての裁判所による審判が必要条件となります。

これは、遺留分の被相続人生前時放棄を自由に認めてしまった場合、被相続人となり得るものが相続人となり得る者にその意思を強要するなど悪影響があり得るからです。

どのような場合に生前の遺留分放棄をするかですが、例えば父親の遺産をその長男にすべて相続させるという遺言を残す準備がされており、相続開始後その内容を円滑に進めるためにその他相続人が遺留分を放棄する場合にされます。

遺留分の放棄は相続人となる者が被相続人に対してその意思表示をすることになりますが、必ず家庭裁判所の許可と審判がなければ有効と認められません。

この申し立ては被相続人の住所を管轄している家庭裁判所に遺留分放棄許可審判の申立書を申請することで手続きできます。

申請が受理された後、家庭裁判所に赴き遺留分放棄の意味を相続人本人が把握しているかどうか、なぜ放棄するのかなどの面接があります。

これら面接での内容を家庭裁判所が判断し、その審判を下すことで放棄の有効性が確定されます。

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る