相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続でローンを承継する手続き

相続でローンを承継する手続き

住宅ローンなどの金銭債務は、遺産分割の対象にはならないとされています。

つまり、遺産分割協議によって分割を決められるのはプラスとなる財産(積極財産)だけで、金銭債務などのマイナスの財産は、プラスの財産の相続と同時にその相続分に従って継承されます。

プラスの財産を相続しながら、その分に応じた債務負担を拒否することはできません。

ローンを継承する場合、債権者側の承認が必要となります。

例えば、相続人間の話し合いにより相続人の1人が債務を全部引き継ぐと決まったとしても、債務者側の金融機関が承諾しないかぎりそれを主張することはできません。

債務者はローン継承者の資産や収入を調査し、その者が継承することで不利益が生じないかどうかを判断し、承諾するかどうかを決定します。

承諾が得られれば、継承が成立するのです。

では、ローンの継承にはどのような書類が必要なのでしょうか。

まず必要なのは、各金融機関所定の「債務者変更申込書」です。

それに遺産分割協議書、被相続人の死亡証明書または除籍謄本、相続人全員の戸籍謄本等、相続人全員の印鑑証明書を添付し、債権者である金融機関に提出します。

なお、最近は生命保険付きの住宅ローンや団体生命保険に加入している場合が多いようです。

この場合、債務者が死亡するとローンの残金は保険会社支払うことになりますので、ローンの継承は必要ありません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

不足資料、わかりにくい資料が多くあるため大変だったと思います。親切に作業していただきありがとうございました。大変満足しております。また、何か有りました時は、宜しくお願い致します。

20代で相続税の申告という周りに話を聞けるような経験者のいない出来事に直面し、ほとほと困っていた所でチェスター様に相談いたしました。税の事に無知な私にもていねいに、誠実に対応していただき。涙が出るほど嬉しかったです。申告期限まで残り3か月というギリギ […]

本日午前、チェスターからの「相続申告書」控を受け取りました。全書類約175枚の膨大な書類をファイルにして、これを相続人全員に配るとは、その仕事の丁寧さにびっくりしました。税務署に提出したものすべてのコピーですね。 報酬をいくら払ったのか覚えていません […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る