相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

自動車を相続する手続き

自動車を相続する手続き

自動車を相続する際は、まず自動車の証明書類を用意しなければなりません。

必要なのは、車検証のコピーと自動車の金銭的評価を証明するための査定証です。

公的な手続きに必要な査定証は、財団法人自動車査定協会で発行してもらえます。

この査定証があると、自動車の名義変更が簡略化されます。

次に、相続人の確定を行います。

故人の戸籍謄本や相続人の戸籍謄本などにより、相続する権利を持つ人すべてをはっきりさせます。

そして、その全員で話し合いを行います。

自動車を誰が相続するのか、売却などにより現金化するのかなどを決め、遺産分割協議書に署名・押印をし、それが相続人全員同意の決定であることを示します。

そして、自動車の名義変更手続きを行います。

必要な手続き・書類は自動車の種類によって異なりますので、注意が必要です。

軽自動車の場合は、相続人の住民票と認印、相続する車の車検証を軽自動車協会に提出し、協会発行のOCRシートと税申告書に記入します。

普通車であれば、運輸局での手続きとなり、必要な書類は、車検証、相続関係を証明する戸籍謄本類、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明、書庫証明書、移転登録用OCRシート、税申告書などです。

なお、自動車の評価額が100万円以下だった場合、査定証を添付すれば、遺産分割協議書と印鑑証明は不要となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

いつもていねいに対応していただき、ありがとうございました。

まったくわかっていない私共からの的はずれな質問にも根気よくお応え下さりありがとうございました。E/MAILでのすばやい返信には感服しました。また回答が常に明快であいまいさがなくとても安心できるたいおうでした。ありがとうございました。

細々としたこちらの疑問点について何ひとついやな顔をせずあくまでも謙虚で紳士的な対応をして下さった魚住さん。人柄が最高でした。最後に全相続人に対して代表者の私が伝えても伝わりにくいことをあらかじめ税理士さんの立場からお話しをして欲しいと要望したところ想 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る