相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続の名義変更手続き

相続の名義変更手続き

相続の名義変更手続き

遺産分割協議で相続財産をどのように分配するかを決め、遺産分割協議書を作成したら、その内容に従って相続する財産の名義変更手続きをしなければなりません。

この手続きに関して定められた期限はありませんが、しないままでいるとトラブルのもとになります。

例えば、名義が故人のまま被相続人が死亡した場合、次の相続を行うにはかなり複雑な手続きが必要になります。

また、不動産を相続しても名義が故人のままであると、被相続人はそれを売却することができません。

ですから、相続の分配が決まり次第速やかに名義変更を行うのがベストです。

名義変更の手続きの仕方は、相続した財産の種類によって異なりますが、どの相続にもだいたい共通して必要になるのは、被相続人の出生してから死亡までの戸籍謄本、相続人の戸籍謄本、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明です。

これらの書類とともに各財産の名義変更に必要な書類をそろえ、それぞれの手続きを取り扱う機関に提出します。

不動産の場合は法務局、自動車の場合は陸運局、預貯金の場合は各金融機関、株式の場合は各証券会社です。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る