相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死亡届とは

死亡届とは

「死亡届」とは、親族が亡くなった場合に提出する届出のことです。

この届出は、人が日本国内で死亡した場合には7日以内、外国で死亡した場合には3か月以内に、「死亡診断書」または「死体検案書」と共に提出しなければなりません。

このどちらかの書類が添付されておらず、確かに死亡したことを確認できなければ、「死亡届」は受理されません。

この届出は、死亡者の死亡地、本籍地、または届出人の住所地の戸籍課に提出します。

海外の場合は、現地の大使館や領事館が扱います。

また、この届を出せるのは、
1.同居している親族
2.同居していない親族
3.親族以外の同居者
4.家主、地主、建物や土地の管理者
という、順位が定められています。

この届出に関しては、日曜日、祝祭日、また夜間に関わらず受付できるようになっています。

なお、死亡者を勝手に火葬したり、埋葬したりするのは違法行為で、「火(埋)葬許可証交付申請書」を「死亡届」と一緒に提出し、許可を取らなければなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

本当にお世話になり、ありがとうございました。チェスターさんにお願いした決め手は最初から質問に的確に答えて下さり、また、良心的な費用であったことです。いつも素人の質問にも優しく答えて下さり、細かく調べて下さり、心よりお礼申し上げます。安心して提案までお […]

申告日ギリギリの中対応して下さり、とても助かりました。

いつもていねいに相談にのってくださり、安心しておまかせすることができました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る