相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

葬祭料の請求方法

葬祭料の請求方法

葬祭料とは労災保険の一つで、業務災害によって労働者が死亡した場合、その葬祭を行った者に対して支給されるお金のことです。

故人が通勤災害によって死亡した場合は、葬祭給付と呼ばれます。

通常これは葬祭を行った遺族に支払われますが、故人に遺族がおらず、会社や友人が葬祭を行った場合はその会社や友人に支払われます。

葬祭料の支給額は、315000円+給付基礎日額の30日分です。

しかし、この額が給付基礎日額の60日分に満たなかった場合は、給付基礎日額60日分の給付金が支払われます。

葬祭料を請求するには、所轄の労働基準監督署長に「葬祭料請求書」または「葬祭給付金請求書」を提出しなければなりません。

その際、医師による死亡診断書もしくは死体検案書、被災労働者の死亡の事実と死亡年月日を表明できる書類の添付が必要となります。

なお、葬祭料の請求期限は被災労働者死亡から2年以内と定められています。

これを過ぎると請求権が消滅するので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

説明の正確さ、見通し、約束等全て発言通りに進めて頂いた。

当方の記録を残す為のメール対応希望に対しても、問題無く応じていただけました。

面倒な仕事を助けていただきました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。 戦後の経済が変転する時代。今では信じ難いことが沢山ございました。 そんな中を一生懸命生きてきた自分の人生を振り返るよい機会でもありました。 手順よく、親切な説明もあり […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る