相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

寡婦年金とは

寡婦年金とは

遺族年金の一種に寡婦年金という制度があります。これは、亡くなった本人とその妻が一定の条件を満たした場合に支給される年金制度です。

寡婦年金の受給に求められる亡くなった本人、つまり被保険者の条件は、国民年金の第一号被保険者として保険料を納付した期間と免除されていたとされる期間が合計で25年以上あること、また老齢年金や障害年金を受給したことがないことです。

寡婦年金が受給できる妻側の条件としては、亡くなった夫との婚姻期間が10年以上あり、夫の死亡時生計を夫によって維持されていた者、夫が死亡した際に本人が65歳未満である者、遺族年金の受給資格を持たない者であることです。

前述の条件を満たしている場合、夫が死亡した妻は寡婦年金を受給できます。

寡婦年金の受給は65歳までで、65歳以降は自らの老齢年金の受給がありますので、寡婦年金は受給されません。

また、寡婦ですから寡夫である夫は対象にはなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

保険関係でどうしても理解出来ない事も丁寧に何度でも教えて頂き、有り難い事でした。 冷静で的確で良い感じを受けました。 本当にありがとうございました。

社内も清潔できれいで居心地が良かったです。内容の説明も解りやすかったです。

不慣れな手続きで何から始めたら良いのか分からず困っていたところ、広告で御社を知り、相続税申告に強いということでお願いしました。 電話とメールのやり取りでスムーズに最後まで進みました。 感激したのは 最後に今までのバラバラな資料を1つのファイルにきれい […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る