相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

不動産の相続後の手続きについて

不動産の相続後の手続きについて

遺産相続にて不動産を相続した場合、相続登記という手続きを行います。

相続登記は登記簿上もともと被相続人の名義である土地や建物を相続人名義に変更することです。

相続登記は不動産のある住所を管轄する法務局で行います。

この相続登記は法律で定められて義務ではありません。

不動産を相続し、相続登記をせずとも罰せられることはないのです。

しかし、相続登記をしない為に起こるデメリットから相続登記は必ず必要と言えます。

相続登記をしないデメリットとして、不動産を相続してもその名義は相続人本人の物ではありませんのでもし処理したい場合や売却したい場合などでも不可能となります。

事実上相続していないのと同じことですね。

他には、他の相続人が相続する不動産の共同相続登記をしてしまった場合などは、何をするにもその共同相続人の許可が必要となり手続きが複雑化します。

相続登記がされていない不動産は、共同相続人全員の共同財産とみなされる為、他の相続人がその土地を売却してしまったなどと言う最悪の結果を招く可能性もある訳です。

また、時間の経過とともに相続人が被相続人になり、相続人が増加し手続きが複雑化する恐れもあります。

このようなデメリットが多くあるため、不動産相続をした場合は相続登記手続きをしましょう。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

ご丁寧な対応を頂き、感謝しています。 長谷川様よりステップ毎に次工程の説明とスケジュール感を教えて頂き、安心して完了できました。

拝復 さて、このたびは、途中に予想もしなかった事態がおきましたが、大槻様のご尽力にて 相続人相方トラブルもなく、まるく収めて頂き感謝しております。 また、山田様には度々の問い合わせにもかかわらず。わかりやすく、誠実に対応して頂いた事にも感銘を受けまし […]

大変お世話になり感謝しております。 何もかもわからないまま全て頼ってしまいました。 こちらの質問にも迅速に答えて頂き書類等の返送も早く対応して頂けました。 担当の方には1回しかお会いできませんでしたが、本当に感謝しております。 (→逆に助かりました。 […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る