相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

不動産の相続後の手続きについて

不動産の相続後の手続きについて

遺産相続にて不動産を相続した場合、相続登記という手続きを行います。

相続登記は登記簿上もともと被相続人の名義である土地や建物を相続人名義に変更することです。

相続登記は不動産のある住所を管轄する法務局で行います。

この相続登記は法律で定められて義務ではありません。

不動産を相続し、相続登記をせずとも罰せられることはないのです。

しかし、相続登記をしない為に起こるデメリットから相続登記は必ず必要と言えます。

相続登記をしないデメリットとして、不動産を相続してもその名義は相続人本人の物ではありませんのでもし処理したい場合や売却したい場合などでも不可能となります。

事実上相続していないのと同じことですね。

他には、他の相続人が相続する不動産の共同相続登記をしてしまった場合などは、何をするにもその共同相続人の許可が必要となり手続きが複雑化します。

相続登記がされていない不動産は、共同相続人全員の共同財産とみなされる為、他の相続人がその土地を売却してしまったなどと言う最悪の結果を招く可能性もある訳です。

また、時間の経過とともに相続人が被相続人になり、相続人が増加し手続きが複雑化する恐れもあります。

このようなデメリットが多くあるため、不動産相続をした場合は相続登記手続きをしましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

御世話になりました。 突然の出来事でどうすればいいか分からなかった所親切に対応していただき、たすかりました。 また何かあれば、よろしくおねがいします。

親切に対応していただきました。

初めての相続で解らないことだらけでしたが、とてもわかり易く親切に対応して頂き、安心してお任せすることができました。 また、田代様には不動産評価額の見直しはもちろんのこと、現金の出入りに至るまで細かくチェックして頂き大変に心強かったと同時に、色々と勉強 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る