年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

預貯金の凍結を解除する方法

預貯金の凍結を解除する方法

預貯金の凍結を解除する方法

銀行口座は口座名義人が亡くなった時に、その事実が銀行に連絡された時には貯金口座が一旦連結され、お引き出しから各種のサービス、全ての取引ができなくなってしまいますので、電話代や電気料金等の口座振替も全て銀行業務の機能が停止されます。

貯金が凍結される理由として、亡くなった方の預貯金はお亡くなりになった時点で相続財産と呼ばれる、いわゆる被相続人の財産になりますので共有の財産として認知されます。

相続する方が許可がなく貯金を引き出すことが不可能になり、相続人同士の共有財産になります。

そのため委任状がなければお引き出しを行なうことが出来なくなり、凍結を解除するには、遺言書がない時には相続人全員が話し合い相続の際にトラブルがなく、円満に解決するように誰が何を相続するのか、又は誰が代表して受取るかを決めます。

遺言書がある時には遺書の内容に従って簡単に手続きを進行できます。

遺言書に沿って手続きを進めていくのみで名前の明記がある時にはその方が相続人になります。

相続に関して身内でどのように相続をしていくのかを何度も話し合いますがその際に必要な書類も確認しておきましょう。

相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本が必要

相続人の生まれてからなくなるまでの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、印鑑証明、相続人全員の実印が押収されている銀行所定用紙、これは相続届けとも呼ばれています。

このように多くの書類を必要としますが、相続争いや相続に関して意見がまとまらない時には口座凍結の解除を行なうことは出来ず相続が長引く事になります。

また相続税の申告、納税が必要な時には、相続の開始から10ヶ月以内に相続税を収める義務が発生します。

例えば、死亡保険や相続人固有の預貯金が多額にある方で、その中から納税資金を支払える時には問題ありません、そのため申告期限までに問題なく解除できるように遺言書を作成しておくことが求められます。

遺言書がある時には手続きが非常にスムーズに行なうことが出来ます。

基本的には被相続人と遺言執行者関係の書類を揃えて解約します。

申請の際に必要になるもの

遺言書、遺言者の除籍謄本、遺言執行者の印鑑証明書、遺言執行者の実印を押収した払い戻し依頼書などが必要になります。

基本的には誰が相続するか決まるまでは貯金を引き出すことは出来ません、お葬式代や、本人の入院費や保険にかかる代金に置いては払い戻しをしてくれます。

事情を説明するために金融機関に確認しましょう。

状況により、凍結を解除することも出来ますが、基本的には委任状か、遺言状があれば時間をかけずに連結でき、相続を行えます。

関連性が高い記事

固定資産税の支払名義変更法

固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]

相続後の運転免許の返却手続きについて

相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]

NHKの相続の名義変更について

NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る