相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

被相続人の預貯金の口座が凍結!解除する方法とは?

預貯金の凍結を解除する方法

銀行口座は口座名義人が亡くなった時に、その事実が銀行に連絡された時には貯金口座が一旦連結され、お引き出しから各種のサービス、全ての取引ができなくなってしまいますので、電話代や電気料金等の口座振替も全て銀行業務の機能が停止されます。

貯金が凍結される理由として、亡くなった方の預貯金はお亡くなりになった時点で相続財産と呼ばれる、いわゆる被相続人の財産になりますので共有の財産として認知されます。

相続する方が許可がなく貯金を引き出すことが不可能になり、相続人同士の共有財産になります。

そのため委任状がなければお引き出しを行なうことが出来なくなり、凍結を解除するには、遺言書がない時には相続人全員が話し合い相続の際にトラブルがなく、円満に解決するように誰が何を相続するのか、又は誰が代表して受取るかを決めます。

遺言書がある時には遺書の内容に従って簡単に手続きを進行できます。

遺言書に沿って手続きを進めていくのみで名前の明記がある時にはその方が相続人になります。

相続に関して身内でどのように相続をしていくのかを何度も話し合いますがその際に必要な書類も確認しておきましょう。

相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本が必要

相続人の生まれてからなくなるまでの戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、印鑑証明、相続人全員の実印が押収されている銀行所定用紙、これは相続届けとも呼ばれています。

このように多くの書類を必要としますが、相続争いや相続に関して意見がまとまらない時には口座凍結の解除を行なうことは出来ず相続が長引く事になります。

また相続税の申告、納税が必要な時には、相続の開始から10ヶ月以内に相続税を収める義務が発生します。

例えば、死亡保険や相続人固有の預貯金が多額にある方で、その中から納税資金を支払える時には問題ありません、そのため申告期限までに問題なく解除できるように遺言書を作成しておくことが求められます。

遺言書がある時には手続きが非常にスムーズに行なうことが出来ます。

基本的には被相続人と遺言執行者関係の書類を揃えて解約します。

申請の際に必要になるもの

遺言書、遺言者の除籍謄本、遺言執行者の印鑑証明書、遺言執行者の実印を押収した払い戻し依頼書などが必要になります。

基本的には誰が相続するか決まるまでは貯金を引き出すことは出来ません、お葬式代や、本人の入院費や保険にかかる代金に置いては払い戻しをしてくれます。

事情を説明するために金融機関に確認しましょう。

状況により、凍結を解除することも出来ますが、基本的には委任状か、遺言状があれば時間をかけずに連結でき、相続を行えます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

徳永さんも清水さんも本当に親身になってくれて大変助かりました。

時間的余裕のない中、完璧な仕事をして頂けたと思います。 どうもありがとうございました。

(1)電話で初めてコンタクトをとった時、場所に迷った時、いずれも対応が丁寧で好感がもてた。 (2)初回面談時から最後まで信頼できる対応(御社、当方いずれの場合の対面、電話の場合の質問等)     夜間営業は大変よい、納付期限が切迫していたなか対応して […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る