相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺族年金の受給手続き

年金受給者が亡くなる事でその権利がなくなりますので、年金受給権者死亡届けの提出を行うことになります。

亡くなった月分までの年金については、未支給年金になりますので遺族の方が受け取ることが可能ですが、遺族年金の受給手続きは限られた方でしか行なうことが出来ません。

もともと遺族年金は、国民年金法、厚生年金保険法等により被保険者が亡くなられた時に、その他の残された遺族に対して支給される公的な年金のことです。

特にお年を召した配偶者がいる方などは受給手続きをされるとよいでしょう。

以下の条件に該当する方が受給することができます。

死亡時の事実を明らかに出来る書類(戸籍謄本、死亡診断書のコピー)が必要になります。

被保険者である方、被保険者であった方で日本国内に住所を持っていて60歳以上65歳以下であること、またあてはまる対象者として子のある妻や、今後、成長していく子供のために有効利用することが出来ます。

年金額として、子のある妻に支給される場合には基本年金額に
第一子は基本年金額(778.500円×改定率)
第二子は月(224.000円×改定率)
第三子以降は一人当たり月(74.000円×改定率)
が加算されます。

受給者に問題がある時にはその翌月から増額、減額の改定を行います

妻が新しく子供を宿した時には増額改定を行なうことも可能です。

支給停止に対する遺族基礎年金や保険者の死亡についての労働基準法の規定なども重要視する必要があります。

死亡日から6年間で支給が停止されます。

妻やこの所在が明らかでない時には支給停止されることも有ります。

年齢制限として65歳未満であることも注意して下さい

年金額については死亡した夫が付加保険料を収めていたとしても寡婦年金は加算されません。年金額の計算方式は亡くなった被保険者の報酬比例部分の年金額×四分の一+加算になります。

この際に死亡者が高齢厚生年金の受給者でない場合や死亡者の非保険者期間の月数が300に満たない時にはこれを300として計算していきます。

専門的に計算を行うことになり、初めての方には少々複雑に感じらます。

このように支給者は限られています。

該当するかどうかを確認するには戸籍や、自分の条件やなくなった方の支払状況の確認を行いましょう。

細かい計算式などは非常に専門的になりますので、受給される方は税理士などと確認して手続きを進めていくことで迅速かつ的確に受注額を把握することができるでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

「相続どうしたら・・・」という方にご紹介させていただきます。 ありがとうございました。

メール返信が驚くほど速いです。

相続税など私達には関係ないことと、思っていた為、何から始めてよいものか思っていた折、 税額計算のHPをたまたま知り、貴社との御縁がありました。 お願いをするにあたり、何度も、ここでいいのだろうか、良いことばかりを書いているのではないかとHPを開く度、 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る