年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

死亡保険金の請求手続き

死亡保険金の請求手続き

死亡保険金の請求手続き

死亡した際には保険金の手続きを行なうことが可能になりますが、それなりに条件も必要になります。

まず、伝えるべき情報ですが、亡くなられた日、亡くなられた方の名前、死亡の原因が分かる物、死亡保険金受けとり人の名前が必要になります。

死亡保険金は交通事故や病気などで被保険者が死亡し、保険金受け取り人が死亡保険金を受け取った場合に保険料の負担者、保険金受取人が死亡保険金を受け取った場合に所得税もかかります。

受取人がすみやかに連絡する必要があります。

死亡保険金を受取るには必要な書類を集めましょう。

手続きについて必要な書類

当社所定の請求書、当社所定の診断書、入院証明書、治療証明書、受け取り人様の印鑑証明書、被保険者の住民票、受け取り人さまの戸籍謄本、保険証券、受傷状況報告書アドも必要になります。

交通事故証明書は交通事故に故人が亡くなった時に必要になります。

どのような書類が必要になるかは、亡くなられた方の死亡状況によって若干手続きが変更になることがあります。

そのため十分に自分で調査を行い書類をこまめに集めていくか、専門的な知識のあるアドバイザーと話し合いを行い、簡潔に十分に手続きを行っていくことが出来ます。

記載以外の書類を求められて、どのように収集するか分からない方は専門家に依頼することが大切です。

すべての相続人が相続できるものを知る

何を誰が相続していくのか、またどのように遺産を分割していくのかを確認していきましょう。

相続できるもの、又は相続できないものを確認して、被相続人が残した財産の価値を調べること、相続人の数と、相続人の意見を十分にお互いが理解する必要があります。

これは相続に関しての意見の不一致をなくし、死亡した際には保険金の手続きを行なうことが可能になりますがこの際の手続きは故人に関して詳しい方、死亡前に面倒を見ていた方が死亡した際には保険金の手続きを進めていくことですべての手続きをスムーズに進行することが出来ます。

すべての相続人の方が十分に満足する結果を得るには遺産分割協議を慎重に行っていく必要があります。

ミスがなくスムーズに手続きを行っていくことが可能になります。

故人の遺書があるときには専門家に相談して解決していくことをおススメします。

そのため十分に遺書を尊重した相続を行うことが求められます。

すべての相続人が遺書を確認し、すべての相続人の方が正しい財産の分割を行っていくことで、納得できる相続を実現することが可能になります。

関連性が高い記事

死亡後に行う高額療養費の申請手続き

自己負担額が一定の金額を超え申請を行なうことによって高額医療費として支給 高額療養費に該当している方には診療した月から2ヶ月後の月末に保険年金課から、高額療養費支給申請書が自宅へ送付される事になります。 この際に必要な提出書類は国民健康保険高額療養支 […]

死亡後に行う配当の受け取り手続き

死亡後に行う配当の受け取り手続き 死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。 まずは証券会社との確認を行いま […]

印鑑登録証の返還方法

印鑑登録証の返還方法 転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。 そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。 対象者は転出や死亡された方のみです。 そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすす […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る