年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

未成年の相続人がいる場合の相続手続き

未成年の相続人がいる場合の相続手続き

未成年の相続人がいる場合の相続手続き

未成年の相続人がいる場合の相続手続きには代理人を立てて、手続きを行っていきます。

このため特別な代理人を選任して、その特別な代理人を含めた相続人全員で協議を行いますが、この時にトラブルにならないように話をまとめる必要があります。

署名や捺印なども特別代理人が代行して行います。

この際に代理人の方が何を相続するか、又はどのような遺産が残されているのかを確認する必要があります。

未成年者の方で両親の方が特別代理人になることが望ましいですが、相続人として、両親にも権利がある場合には相続手続きを十分に行うことが可能な知識や交渉能力がある方が望ましいです。

相続手続きを十分に行うには信頼できる人物を選択しましょう。

相続の対象になるもの

相続できるものと相続が不可能なものがあります。

相続の対象になるものには足すのカテゴリわけを行うことが可能になります。

不動産(家、土地、マンション、アパート)など所有している多くの私物から家庭電化製品などもプラスの財産として認知されます。

一方、マイナス財産としては借金、や教育ローン車のローンから住宅ローン、未払いの税金や未払いの家賃、未払いの医療費なども含まれ注意していないとマイナスの遺産などを相続する事になります。

この時に相続の拒否も可能で、相続の拒否には相続を開始を始めたときから3ヶ月以内に申請することが決められていますので、できるだけ早期のうちに解決を行うことが求められます。

身体障害者にも特別代理人

相続権があるが精神や身体的に異常があり、遺産分割協議に参加できない相続人には特別代理人の必要性があります。

相続権がある方にはすべての方が遺産分割協議に参加できるとは限りません。

そのため相続を行う際には十分に特別な代理人を立てて他の相続人との協議をスムーズに進めていけるように協議を促していくことが出来る方に委任することで、遺産協議に出れない相続者の変わりにサイン、署名、を行い相続人の代理人を行うことになります。

代理でも相続人として、両親にも権利がある場合には相続手続きを十分に行うことが可能な知識や交渉能力が求められますので、十分に代理人の選択も慎重に行っていくことをおススメします。

相続放棄のときから10年が経過すると取消ができなくなるのでその点に注意しましょう。

相続の代理人になる方は他の相続の権利のある方は、代理人になることが出来ないことも注意点としてあげることが出来ます。

家族内の信頼できる方が適任です。

関連性が高い記事

相続税申告に必要な資料収集方法

<身分関係> 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等 相続税申告書の添付書類として、又相続財産の名義変更の際に必ず必要となります。 転籍や婚姻などをされている場合、転籍前や婚姻前の本籍地所在地の市区町村で、除籍謄本や改製品原戸籍を取得しなけれ […]

死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能

1.死亡診断書とは 死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。 この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。 死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師 […]

前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き

前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き 相続開始後は、故人の遺産を分けるために遺産分割協議を行う必要があります。 この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、相続人が1人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ところで、長い人生の中で結 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る