相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

不動産が先代名義のままだった場合

不動産が先代名義のままだった場合

不動産が先代名義のままだった場合などはよくあります。

先代のおじいさんの名前、又は古い不動産の場合にはそれ以上の先代のデータが残っていることもありますので、名義変更の必要性がある不動産があります。

不動産の登記はトラブル回避にためにも早期の内に解決することをおススメします。

また一家で持っている不動産名義を一度確認してください。

中には確認すら行わないで不動産をそのままにしている方も多くいます。

不動産の名義変更を行わないでいるとデメリットが発生することもあります。

登記や名義変更を行っていないと、売却や担保の提供を行うことが出来ません。

義務や期限はありませんが手続きを行っておかないと、勝手に売却されてしまったり、中には第三者占領され、トラブルに巻き込まれてしまうこともありますので、また登記や名義変更を行わないでいると家族が増えて、共有財産のまま放置されることにもなります。

期限が決まっていないので名義変更などを先延ばしにする方も多く確認されています。

初めてで専門家のアドバイスが必要な方は相談しましょう。

基本的に不動産は動かないので盗まれにくい相続物ですが、早めに名義変更することで、その後の手続きをスムーズに行うことが出来ます。

相続できるもの

基本的の相続できるものは故人が所有していた物すべてが対象になります。

相続の対象になるものには不動産を中心に様々なものを相続が可能になります。

土地、家などの不動産や他にも、株、有価証券、銀行の貯蓄、自動車、金属、宝石、事業、家具、高級品、所有している多くの私物から家庭電化製品などもプラスの財産として認知されることになります。

一方、多くのものを相続することが可能ですが、相続を十分に理解して財産の価値を確認していくことが大切です。

財産の査定なども含めてその分の時間がかかることになります。

家族間で納得の不動産の名義変更

また不動産を多く所有しているオーナーの方も十分に考慮して考えていく必要があります。

土地を未分割のままにしている不動産で何人かの相続人に分割をお考えの方も名義変更の際に先代名義から、次世代の名義人に分割を行っていくことをおススメします。

後にトラブルにならないように相続人の方が皆様でよく話し合って、遺産分割協議書をしっかり作成していけば、家族間で納得の不動産の名義変更、またトラブルを回避することが可能になります。

先代名義で長い期間そのままにしている方で、売買をお考えの方には名義変更は必須になります。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る