年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続財産管理人の選任申立手続き

相続財産管理人の選任申立手続き

相続財産管理人の選任申立手続き

相続財産管理人の選任申立手続きは家庭裁判所が申立てを受けて相続財産管理人が選任されたことを連絡して、相続人にこの事を促します。

財産の請求を行う際には、相続財産分与などの手続きを行うことが大切です。

これには利害関係がないと、相続財産管理人の選任の申立ては不可能になりますので、よくご確認ください。

必要な書類は被相続人の出生から死亡までの戸籍を家庭裁判所に提出し、生存を確認し、家庭裁判所の調査を行うこともあります。

特別代理人の選任を家庭裁判所の申し立てを行うこともできます。

遺産を分割するには、まず相続人全員の話し合いによる遺産分割協議が最も重要なポイントになります。

相続財産管理人の責任

相続財産管理人は責任重大な役目になります。

基本的に相続を行う際には管理体制が十分でないと相続が先に進みません。

相続財産管理人を指定することによってスムーズな取引とトラブルの回避を行いますので、非常に配慮すべき手続きの一環になります。

相続財産管理人を指定することで相続する財産の価値を割り出すことが可能です。

そのため十分に信頼が置ける人物、又は十分に管理能力がある人物を選択する必要があります。

相続の遺産分割協議中にはすべての財産が共有財産になります。

そのため故人の銀行口座なども凍結する事になりますので、銀行への確認が必須です。

入出金やその他の手続きも出来なくなります。

相続についての知識を蓄える

相続財産管理人の方は基本的の相続がどういうものかを検討する必要があります。

相続を行う際にはしっかりとした知識に基づいた管理を行う必要があり、相続の権利、相続が可能な品物、相続に関しての税金などにおいての調査が出来ている理解者が向いています。

状況によっては税理士に相談する必要があります。

初めての方にとっては複雑な手続きになりますので、初めての方は専門家にすべてを依頼することで、リスクを削減し、早期の解決を可能にします。

相続の際には戸籍が必要になりますが、戸籍等を取得する際に遠方、又はお住まいから距離がある方は郵送を利用して時間、手間を取らずに取得ができます、お近くの市役所で取得することが可能ですが、市町の合併などにより市役所の数が少なくなっています。

そのためインターネットなどで事前に確認しましょう。

早い書類の収集は早期の解決につながります。

関連性が高い記事

固定資産税の支払名義変更法

固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]

相続後の運転免許の返却手続きについて

相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]

NHKの相続の名義変更について

NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る