年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺言執行者の選任申立手続き

遺言執行者の選任申立手続き

遺言執行者の選任申立手続き

遺言執行者の選任申立手続きを行う際、遺言執行者は遺言を書かれている内容に従って、相続人の代理人として相続財産を管理し名義変更などの措置を行っていくことが出来ます。

家庭裁判所により選任されることがあり、責任を持って任務を遂行していく義務が生じます。

遺言執行者とは遺言の内容を実現する方のことです。

民法第1006条以降に規定があります。

遺言執行者の申立書はインターネットで入手することが可能です。

家庭裁判所によっては書式が異なることがあります。

手続きをスムーズに行うためにも申立書を提出する家庭裁判所に問い合わせてください。

書き方などについても説明してもらうことが出来ますので、問い合わせをしましょう。

必要な書類は申立人の戸籍謄本が必要

必要な書類は申立人の戸籍謄本が必要で他にも遺言執行者候補者の戸籍謄本や住民票、身分証明書、遺言書の写し、申立人の利害関係を証する書面を作成し、提出をすることになります。

家庭裁判所にて、遺言執行者選任申立書、収入印紙と郵送料を支払い、家庭裁判所で申立てをするときに、遺言執行者候補者を記載することになります。

記載漏れやミスがないように専門家のアドバイスの下に手続きを行っていくことが出来れば早期に解決を行うことが可能です。

申立人の戸籍謄本、被相続人の除籍謄本、遺言執行者の戸籍謄本、住民票、身分証明書、登記しないことの証明書、遺言書のコピーを用意する必要があります。

遺言書の内容によって遺言を執行する人を指定

遺言執行者の資格として未成年者と破産者の方以外は、遺言執行者になることが可能です。

遺言執行者に対する報酬として遺言執行者への必要な経費や費用は相続財産から控除できます。

金額の算定は遺言者が遺言に遺言執行者の報酬を定めたときには、遺言書の定めによって決めていきます。

家庭裁判所が指定した。

相続財産などの状況によって遺言執行者の法主を決めていきます。

遺言書の内容によって遺言を執行する人を指定しますが、遺言書の有無の確認を事前に行っておく必要があります。

遺言書の隠し場所は神棚や、本、又は故人のデスクの中を確認する、又は信頼できる人物に預けている可能性もありますので、故人の友人や、弁護士が所持している可能性もあります。

遺書があるかないかによって最終的な相続の分配が左右されます。

そのため遺書を持参して専門家に相談することをおススメします。

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る