相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続手続きに必要な資料の有効期限

相続手続きに必要な資料の有効期限

相続手続きに必要な資料の有効期限

相続手続きに必要な資料の有効期限として戸籍謄本や住民票、戸籍の附票、印鑑証明などにおいての有効期限を確認します。

相続登記自体に有効期限が決まっているわけではないです。

相続がスタートした時点で取得したものが必要で、権利のある相続人を割り出します。

印鑑証明は市役所で入手することが可能ですが、とくに有効期限は決まっていないので、入手してから時間が経過していても利用することが可能になります。

遺産分割協議書を作成し相続人すべての方から印鑑証明の提出を受けても相続自体に時間がかかることがあります。

未成年者が相続人の中に含まれている時

特に未成年者が相続人の中に含まれている時には特別代理人の選任申立手続きを家庭裁判所に申請する必要があります。

また生命保険の受取人が指定されていない場合や不動産が先代名義のままだった場合などにはそれなりのほかの書類を収集することになりますので、書類事態には有効期限が決まっていなくとも、それなりの時間を要します。

不在者財産管理人の選任申立手続きになりますと時間や手間もかかりますので専門家との解決を行うことで早期の解決を行うことが出来ます。

遺言があるときにも若干用意する資料が異なります。

必要な書類を作成するためには各、申立て手続きによって用意する書類が異なりますので、それなりの時間がかかります。

専門家に依頼すれば一週間から10日ほどで書類の収集と申請を案了することが可能です。

相続を完全に分配するまでに要する時間として、依頼主の状況や依頼主のほかの相続に野の遺産分割協議の進行具合によって解決するスピードが変わります。

故人の遺産がどのくらいあって、どのくらいの査定金額になるのか

早期の解決を望んでいる方は遺産分割協議を早期で各、相続人同士で行い。

遺産分割協議書の作成を行います。

故人の遺産がどのくらいあって、どのくらいの査定金額になるのかも事前に調べておく必要があります。

書類に関しては有効期限が決まっていないので、書類を保管しておいて、相続のときに必要になる時にいつでも利用することが可能です。

相続を行っていくには一つ一つの書類を確認し、自分の名前、又は他の相続人の名前がしっかり明記されているかどうかを確認します。

相続を行う方が未成年の時は遺産分割協議に参加することは基本的には出来ませんが、代理人を用意し出席をすることが可能です、家庭裁判所の許可が下りるまでには10日ほどの時間を要することもあります。

そのため十分に自分でどのくらいの時間がかかるのかを予想でき、それまでに必要な書類を揃えれば早期の解決を行えます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る