年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺言執行者の業務範囲

遺言執行者の業務範囲

遺言執行者の業務範囲

遺言執行者の業務範囲として基本的には遺書の内容によって手続きを進めていくことになります。

銀行預金の名義変更から証券会社での解約手続、被相続人が所有していた株式の名義変更手続などを行うことが可能になり、相続においてのリーダーシップを発揮できる方が望ましいです。

また家庭裁判所からの許可なども必要になり遺言執行者として他の相続人の方が納得する必要があります。

遺言執行者の正人として遺言の通りに相続から分割を行うことが求められます.

遺書の内容を実現でき、信頼に値する方

遺書を書いた方が遺言執行者をすでに指定していることもあります。

そのため遺書を書いた被相続人とのコミュニケーションがしっかり取れている方、信頼できる友人、家族、知人などになりますが基本的には遺言執行者は遺言の記載や家庭裁判所の手続きで指定されることになります。

そのため少なくとも相続に関しての知識を要することになりますが、相続が十分に方向性が決まっていない時には、これをまとめて、他の相続者の方と話し合いを必要にすることもあります。

また民法1015条、1016条により、遺言執行者は相続人の代理人とみなされ、やむを得ない事由がない限り、第三者にその任務を行わせることができないことなどが規定として決められていますので、相続を最後まで完了する義務があります。

まずは遺産分割についての遺産分割協議書の作成方法を十分に確認しておかないと、後のトラブルにもなりかねませんのでご確認ください、種類として遺産分割には、現物分割、代償分割、換価分割がありこのことも遺書の内容によって財産の分割方法も異なります。

戸籍謄本を取り寄せ

戸籍謄本を取り寄せて、法定相続人が誰になるのかを確定しておくことも必需になります。

遺言執行者とは、遺言者の死後、遺言の内容を確実に実現してくれる方が適任です。

不動産の名義変更、預貯金の解約や株式の名義変更等たくさんの手続きや、名義変更などを行うこともう遺言執行者の責任として発生します。

そのため被相続人に関して詳しい方、また銀行の手続きや、証券会社とのやり取りを問題なく可能にする方が適任です。

他には車の名義変更、時価の確認、財産の価格調査からすべての相続人との打ち合わせが必要です。

円満に相続を解決していくことが出来るように多くの知識を要求されますが、分からないことは専門家に相談することで解決します。

十分意調査を行い他の相続人の方が納得して遺産分割協議書を各、相続人が用意して完了します。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る