相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺言執行者の業務範囲

遺言執行者の業務範囲

遺言執行者の業務範囲として基本的には遺書の内容によって手続きを進めていくことになります。

銀行預金の名義変更から証券会社での解約手続、被相続人が所有していた株式の名義変更手続などを行うことが可能になり、相続においてのリーダーシップを発揮できる方が望ましいです。

また家庭裁判所からの許可なども必要になり遺言執行者として他の相続人の方が納得する必要があります。

遺言執行者の正人として遺言の通りに相続から分割を行うことが求められます.

遺書の内容を実現でき、信頼に値する方

遺書を書いた方が遺言執行者をすでに指定していることもあります。

そのため遺書を書いた被相続人とのコミュニケーションがしっかり取れている方、信頼できる友人、家族、知人などになりますが基本的には遺言執行者は遺言の記載や家庭裁判所の手続きで指定されることになります。

そのため少なくとも相続に関しての知識を要することになりますが、相続が十分に方向性が決まっていない時には、これをまとめて、他の相続者の方と話し合いを必要にすることもあります。

また民法1015条、1016条により、遺言執行者は相続人の代理人とみなされ、やむを得ない事由がない限り、第三者にその任務を行わせることができないことなどが規定として決められていますので、相続を最後まで完了する義務があります。

まずは遺産分割についての遺産分割協議書の作成方法を十分に確認しておかないと、後のトラブルにもなりかねませんのでご確認ください、種類として遺産分割には、現物分割、代償分割、換価分割がありこのことも遺書の内容によって財産の分割方法も異なります。

戸籍謄本を取り寄せ

戸籍謄本を取り寄せて、法定相続人が誰になるのかを確定しておくことも必需になります。

遺言執行者とは、遺言者の死後、遺言の内容を確実に実現してくれる方が適任です。

不動産の名義変更、預貯金の解約や株式の名義変更等たくさんの手続きや、名義変更などを行うこともう遺言執行者の責任として発生します。

そのため被相続人に関して詳しい方、また銀行の手続きや、証券会社とのやり取りを問題なく可能にする方が適任です。

他には車の名義変更、時価の確認、財産の価格調査からすべての相続人との打ち合わせが必要です。

円満に相続を解決していくことが出来るように多くの知識を要求されますが、分からないことは専門家に相談することで解決します。

十分意調査を行い他の相続人の方が納得して遺産分割協議書を各、相続人が用意して完了します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

説明もわかりやすく、質問にもにこやかに答えて下さり、イイ感じでした。 思っていたより早く手続きがすんでホッと致しました。ありがとうございました。 返却書類等もキチンとファイルされて戻ってきたのでビックリしました。お世話になりました。

大変お世話になりました。私自身わからないことが多く大変お手数をおかけしてしまったかと思いますが、とてもていねいにまた迅速に対応していただきまして本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

こちらからの質問にいつも迅速にお返事を頂くことができ、ストレスを感じることがありませんでした。 対応が非常に誠実でした。無事相続税の計算を終えることが出来、大変感謝しています。 引き続き登記もお願いすることができ、助かっています。ありがとうございまし […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る