相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

司法書士ができる相続手続き

司法書士ができる相続手続き

司法書士ができる相続手続き

司法書士は国家資格者です。

司法書士ができる相続手続きは相続に関する全般的な役割を担っていくことが可能です。

遺言書の作成から公正証書の作成、自筆遺言書の作成などを行うことが可能になります。

司法書士は戸籍謄本の収集から相続人の調査、相続人の確定などを行うことが可能です。

そのため相続できる不動産や車、証券、株、などの名義変更を行うことが出来るだけでなく、遺産分割協議において、財産の価値を調査することも出来ます。

この遺産分割協議書については行政書士も仕事を行うことが可能になります。

相続登記は亡くなった方が所有していた土地や家、マンションの名義を、相続人に変更します。

相続放棄の手続き

相続にはマイナス財産も存在します。

マイナスの財産は銀行のローンやカードローンやキャッシング、また連帯保証人になっている際の権利などもマイナス財産として認識します。

そのためすべての相続人が相続を希望するわけではなく相続人が相続を放棄することなども可能です。

この相続の放棄の手続きを司法書士に依頼することも可能です。

他にも手続きを行うことが可能です。

相続の際に会社の権利の譲渡などが発生した時に司法書士は会社設立や名義変更などをスムーズに行うことが可能になります。

家庭裁判所への調停手続き

家庭裁判所に対する調停、審判の申立書の作成を行うには司法書士が手続きを代行することが可能です。

この手続きは行政書士は手続きを行うことが出来ないので司法書士のみが行うことが可能な仕事です。

相続が初めての方で不動産はどうやって評価するのか、 課税対象となる財産の範囲などについてのアドバイスも行っていますので、相続についてのトータルサポートを依頼することも可能になります。

他にも法務局(登記所)に対する会社設立などにも司法書士が代行して手続きを進めることが可能です。

会社設立の手続きにおいては、 主に定款の作成や公証人役場での認証手続きから法務局に対する会社設立の登記手続きなどを進めることも可能で、様々な法的な悩みから納得の解決を行うことも可能です。

会社設立後の役員変更や商号、目的の変更、本店移転、増資減資など、各種登記の手続きが可能なのも司法書士になりますので、司法書士が出来る仕事は相続に関連した法的手続きをほぼすべて完了することが出来るようになります。

相続の際にはトラブルにならないように慎重に手続きを行っていくことが求められます。

そのため経験と実績のある司法書士の解決をおススメすることが出来ます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る