年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

お通夜とは

お通夜とは

お通夜とは

お通夜は、亡くなった人と近しかった人たちが死者と共に一夜を過ごすことで、邪霊の侵入を防ぐと言われており、遺族や親族等の親しい人たちが参列し、故人との最後の別れを惜しむため、故人の冥福を祈るために行われる儀式です。

しかし、都合で葬儀や告別式に参列できない場合には、それほど親しくなくても、代わりに通夜に弔問してもかまいません。

お通夜の儀式は、一般的に午後6時頃から9時頃まで行われますが、弔問に伺う際、早すぎても遅すぎても迷惑になってしまうので、開始10分前に到着する程度が好ましいでしょう。

受付では、一礼しお悔やみの言葉を手短に述べる、もしくは、軽く黙礼するといった作法を行い、会場においては、話すときは小声で言葉少なに話すようにし、挨拶に関しても黙礼する程度にします。

参列を終えたら、一般の弔問客は焼香を済ませ次第退席するのが一般的ですが、弔問客に食事や夜食が用意される通夜振る舞いに招かれた場合には、出来る限り参加するようにしましょう。

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る