相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

お通夜とは

お通夜とは

お通夜は、亡くなった人と近しかった人たちが死者と共に一夜を過ごすことで、邪霊の侵入を防ぐと言われており、遺族や親族等の親しい人たちが参列し、故人との最後の別れを惜しむため、故人の冥福を祈るために行われる儀式です。

しかし、都合で葬儀や告別式に参列できない場合には、それほど親しくなくても、代わりに通夜に弔問してもかまいません。

お通夜の儀式は、一般的に午後6時頃から9時頃まで行われますが、弔問に伺う際、早すぎても遅すぎても迷惑になってしまうので、開始10分前に到着する程度が好ましいでしょう。

受付では、一礼しお悔やみの言葉を手短に述べる、もしくは、軽く黙礼するといった作法を行い、会場においては、話すときは小声で言葉少なに話すようにし、挨拶に関しても黙礼する程度にします。

参列を終えたら、一般の弔問客は焼香を済ませ次第退席するのが一般的ですが、弔問客に食事や夜食が用意される通夜振る舞いに招かれた場合には、出来る限り参加するようにしましょう。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

仕事が丁寧。人柄が良い。

今回は私の実母の件で大変お世話になりました。御親切に何回もの御連絡、そして何も知らぬ私に解りやすくお話し下さり助けて頂きました。心より感謝しております。 皆様本当に有難うございました。

長い間、ではありましたが大変にお世話になり大変に勉強にもなりました。 またはないと思いますが、今後とも相談にのってもらえれば、幸いです。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る