相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続トラブルの代表例

相続トラブルの代表例

相続トラブルの代表例

相続に際し、残念ながらトラブルが伴う場合も多々あります。

代表的な例を幾つか挙げると、ある家庭において、亡くなったAさんの財産は、預貯金が少し、Aさんの住んでいた自宅とその土地のみ、Aさんの奥さんは既に亡くなられている為、相続人となるのは長男と次男の二人で、長男がAさんと同居していたという状況だったのですが、財産の分割に関して、Aさんと同居していた長男の考えとしては、Aさんの財産状況からしても、自分が自宅と土地を相続し、次男が幾らかの現金を相続することで、手続きは全て上手くいくというものでしたが、次男からすると、財産を同じ割合で相続する権利があるのに、相続財産が公平ではないという言い分でした。

評価額からすると、次男の言い分も正しいのですが、長男は自分が暮らす自宅や土地を売却するわけにもいかず、弟に支払う現預金も持っていないため、渋々同じ割合で自宅と土地を共有するとになったのですが、将来が不安となる遺産分割となってしまいました。

すると、数年後に次男から、自分の持ち分を売却したいとの話が出され、無理であれば持ち分を長男に買い取ってほしいとのことで、結局は長男が次男の持ち分を買い取ることになり、兄弟仲も崩れてしまったのでした。

財産分けのトラブルは、決して財産が多いという理由だけでなく、一般的なケースにおいても起こりうる為、生前からしっかりと、相続について意識する必要があると言えます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る