相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続で所得税の申告が必要な場合

相続で所得税の申告が必要な場合

相続で所得税の申告が必要な場合

所得税は、毎年1月1日から12月31日までの一年間に生じた所得について計算をし、その所得金額に対する税額を算出し、申告及び納税しなければなりません。

しかし、年の途中で納税者が亡くなった場合には、相続人が1月1日から亡くなった日までに確定した所得金額及び税額を算出し、申告及び納税を行う必要があります。

これは、準確定申告と言われ、相続開始後の4ヶ月以内に、管轄の税務署で行うものですが、納税する場合と還付される場合とがあります。

また、相続人が二人以上いる場合には、各相続人が連署によって、準確定申告書を提出せねばなりませんが、他の相続人の氏名を付記し、各人が別々に提出することも可能です。

この場合、申告書を提出した相続人は、他の相続人に申告した内容を通知しなければなりません。

また、各相続人の氏名や住所、被相続人との続柄等を記入した申告書の付表を添付した書類を、被相続人の死亡当時の納税地となる税務署長に提出する必要があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

こちらの対応が遅いにもかかわらず、最後まで無事に申告を完了していただきました。 途中、コミュニケーションが不足し、状況が分からないときもありました。 連絡をすると丁寧に説明していただき安心しました。

私共よくわからない相続について素早く丁寧に対処していただきました。お仕事とはいえ、感謝しております。

途中まで自分自身で相続申告を行おうと考えてたのですが、やはり難しい部分もあり、申告期限まで3ヶ月を切ってしまう時期に相続へ伺いました。 結果として個人で想定していた相続税よりも低く抑える様な提案をして頂き、相続して良かったと感じています。有難うござい […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る