相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続で必要な戸籍謄本について

相続で必要な戸籍謄本について

相続で必要な戸籍謄本について

相続に関する手続きを進めて行く上で、誰が相続するのかをはっきりと証明する必要があります。

相続人を確定するということは、全ての手続きにおいて大前提の必須条件であり、基本的には、戸籍謄本が必要となります。

戸籍に記載されている情報として、氏名、出生年月日、戸籍に入った原因、実父母の氏名及び続柄といった、様々な内容が記されていますが、戸籍謄本とはそれらが記載されている原本をそのまま写したもので、全部事項証明とも言われます。

この戸籍謄本において、戸籍に記載されている全ての人物に関した情報が分かる為、相続の手続きには、抄本ではなく謄本を使用します。

戸籍謄本を取得するには、直接戸籍が保管されている役所に出向いて受け取ることや、郵送することも可能です。

しかし、誰もが請求できるわけではなく、その戸籍に記載されている人以外が請求する場合には、委任状や関係証明書等が必要となり、一度に全てを揃えることは容易ではありません。

戸籍所在地に出向く時間や、自分で調査することが出来ない場合、職務請求権によって委任状がなくとも戸籍取得が可能である、弁護士や行政書士といった専門家に依頼することも可能です。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る