相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税計算シミュレーション

相続税はいくら納める?計算シミュレーション

画像

以下フォームに必要項目をご入力ください。
遺産総額が1億の場合は「10000万円」、10億の場合は「100000万円」と記載ください。
遺産は被相続人名義の現預金の他に不動産、有価証券、借地や家財道具などが含まれます。
配偶者の遺産取得割合(相続人に子がいる場合)は、法定相続分通りの配分であれば50%となります。

おおよその遺産総額は
どのくらいですか?
(基礎控除控除前の課税価格合計)
万円

現預金の他、土地、有価証券、借地など被相続人の全ての遺産を含みます。

被相続人に配偶者はいますか?
(「被相続人」とは亡くなられた方です)
配偶者の遺産取得割合
配偶者以外に法定相続人はいらっしゃいますか?
法定相続人の人数(配偶者を含む)
相続税額合計
0
万円

相続税速算表(平成27年1月1日以降発生の相続)

法定相続分に応ずる取得金額
(基礎控除控除後)
税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

参考:相続税の税率|国税庁

画像

配偶者の財産取得割合が法定相続通りだった場合、以下のように遺産取得割合を選択してみてください。
1/2の場合→50%  2/3の場合→70% 3/4の場合→75%

【計算の前提】

・令和1年11月現在の法律を基に計算をしております。

・遺産総額の金額は、各種特例や非課税枠及び債務控除等を控除済みの課税価格の金額としています。

・障害者控除、未成年者控除等の税額控除や2割加算は考慮できません。

・この計算結果の利用により利用者または第三者に生じた損害や不利益について一切その責任を負いません。

相続発生後でも節税可能な事例をご紹介! »

※新型コロナウイルスの影響による「相続税申告」の期限延長について※

新型コロナウイルスの影響による相続税の申告についての期限延長は、やむを得ない理由がある場合については、個別に申請することにより期限の個別延長が認められます。但し、やむを得ない理由が止んだ日から2ヶ月以内に申告・納税をする必要がありますので、新型コロナウイルスの影響が落ち着いてから作業に着手していたのでは間に合わない可能性があります。
相続税申告のお手続きには期間を要しますので、ご判断に迷われた際には、まずはお早めにご相談頂ければと思います。

※ やむを得ない理由とは、例えば次のような状況で申告をすることが困難なケースが該当します。(例)・体調不良により外出を控えている場合 ・平日の在宅勤務を要請している自治体にお住まいの場合 ・感染拡大により外出を控えている場合

【テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約者様限定】
オンライン初回面談で、ご契約いただきましたお客様に、相続税申告の報酬額より
5万円(税込)の割引をさせて頂いております。
テレビ会議のオンライン面談について詳しくはこちら ››

シミュレーションで相続税が0円と表示された方

そもそも相続税はすべての方が支払うわけではありません。
相続税には「この金額までなら課税しません」という「基礎控除額」というものがあります。
では、いくらまでなら無税で、いくらから相続税が発生するのでしょうか。
以下がその計算式になります。

3,000万円+600万円✕法定相続人の数
※法定相続人とは民法で定められている相続人になれる人のことを言います。

亡くなった方の財産をすべて合計し、この基礎控除額を超えていれば相続税の申告が必要となりますが、超えていなければ相続税に関する手続きは一切行う必要はありません。

その相続税、もっと削減できるかも?

相続税の納税額が莫大で、支払いの負担が大きい方も軽減措置によって節税できるかもしれません。

→土地を相続した場合

『小規模宅地等の特例』を適用することで50%もしくは80%の減額が可能になります。

→夫婦間での相続の場合

『配偶者税額軽減特例』を適用することで、1億6,000万円までは税額ゼロになります。

このように様々な特例を適用することで相続税を最小限に抑えることが可能となります。
ただし、不動産の特例を適用するためには定められた条件をクリアする必要がありますし、配偶者の特例を適用する場合は二次相続のことも考えておかなければなりません。一つ選択を誤ってしまうだけで、税額も変わっていきます。
特に土地の評価は、「税理士が10人いれば10通りの評価がある」と言われるほどですので、 適正な評価を受けるためには、相続の知識と経験が豊富な税理士に相談することが、相続税を最大限に節税するための秘訣となります。

手続きがスムーズで早く・安く申告できる

画像

相続税申告手続きを多く行なっている事務所は、それだけ申告を効率的にこなすノウハウを持っています。

いわゆる規模の経済が働きます。 効率的にこなすことができればそれだけ、早くしかも低価格で高品質なサービスを提供することが可能となります。

また、相続税専門の事務所である税理士法人チェスターの場合、相続税申告に必要な資料の準備ガイドなどのツールも充実しているため、お客様のご負担をできるだけ減らすことが可能となっています。

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

お客様の状況に応じた対応【相続税申告業務】

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る