「広域事業部」ってどんな部?

下田
インタビュー
下田
広報担当下田

はじめまして、税理士法人チェスターの広報担当をしている下田と申します。
現在就職を検討している皆さんに、チェスターのことを知っていただくために、
ブログを通じてチェスターのことをご紹介していきたいと思います。
宜しくお願いいたします。

皆さんこんにちは!広報担当の下田です😄

2021年もあとわずかですね!
無観客で東京オリンピック・パラリンピックが開催され日本選手団の活躍に感動したり、
大谷翔平選手が大活躍したり👏⚾️

一方で、熱海で土石流が発生し甚大な被害がおきたり、デルタ株が猛威を振るい、今年も感染拡大防止の対応に追われた気がします。

色々ありましたが、「チェスター採用ブログ」も2021年最後の投稿となりました!
お付き合い宜しくお願いいたします🍀



今回は「広域事業部」について、インタビューしていきたいと思います!😃


それでは問題!デデン!!!👨‍🏫 👨‍🏫 👨‍🏫




Q.2021年4月に創設された広域事業部という部署は、専門職の部署である。
  もしくは間接部門の部署である。どちらでしょうか?



はいっ!!

 河越さんどうぞ!

 いやいやこのスタイルで答えていくんですか?(笑)

 ご協力ありがとうございます!(笑)
改めまして、広域事業部部長の河越さんです🤣👏👏👏
今日はインタビュー宜しくお願いいたします!

 宜しくお願いします。


 早速ですが、広域事業部について教えて頂けますでしょうか??

 税理士法人チェスターの主な業務である相続税申告を行う、という点では他の部署と同様の仕事内容です。
他の部署と違う点は、お客様との主な面談方法をzoomなどのオンライン対応にしている点です。

そうすることで、全国どこにお住まいの方でも対応でき、 他拠点でなかなかスタッフの都合がつかず面談日程が合わない場合のヘルプにも 入ることができます。
そのため、「広域」という名称がついています。

 なるほどー!広域ってそういう意味だったんですね!!
広域事業部創設の趣旨を聞いて、部長を任命されたときはどういう気持ちでしたか??😀

 もともと面談もオンラインで行うことも多く、作業もペーパーレスで行っていましたので不安はありませんでした。
むしろそのような働き方がメインの部署になるということで、とても仕事がやりやすくなるだろうと楽しみに思っていました。

 主にオンライン面談をおこなっていらっしゃると思いますが、どのオンラインシステムに対応されているんですか?

 お客様のご要望に合わせて対応しています。
特段ご要望が無ければZoomを使用することが多いです。
お客様もZoomは使ったことがあるので対応できるという方が多いですし、そもそもとても簡単なシステムですので問題が起こることはほぼ無いです。

中にはZoomに苦手意識があったりして別の方法を希望される方もいますが、そういった方はベルフェイスをおすすめして使っています。


※税理士法人チェスターホームページより抜粋


 色々なシステムに対応されているんですね!👀💻
資料の共有方法やちょっとした設定変更が違ったりして、大変ではないですか??

 大体どのサービスも同じような画面と仕組みなので、特に困ること、大変なことはありません。
ZoomやWebexは全世界で使われているサービスですから、操作はシンプルでよくできています。
ベルフェイスだけは音声が電話回線なので、電話機をスピーカーにして話していると音質が悪くて聞き取りにくいことはあります。



普段の面談の様子。(左:松永さん 中央:河越さん 右の手:岡田さん)
違うわ女優ライトの使い方!熱っ!顔収まってるし!

取り乱しました(笑) 失礼いたしました。
本当はこんな様子です😀


チェスターではYouTubeの動画撮影等で使うイメージのあるLEDリングライト(女優ライト)を、
オンライン面談時に使用できるよう備品として導入しています。

YouTubeといえば、チェスターも公式YouTubeがありますので、
良かったらチェックしてみてください(^-^)
☟☟☟

https://www.youtube.com/channel/UC8yIX2QVL6t46KLuVSBJdUA/featured

 河越さん、オンライン面談をするうえで気を付けていることがあれば教えてください😀

 お客様の接続環境がどのようなものかわからないので、聞き取りやすいように対面時よりも気持ちゆっくり目にお話しし、かつはっきりと発音するように心がけています。

 接続環境、ゆっくり目にお話しされる、とても大切なことですね!

ここで、広域事業部メンバーの岡田さんと松永さんにもお越し頂きました(^^)/
さきほどはご協力ありがとうございました(笑)

岡田さん、松永さん、インタビュー宜しくお願いいたします😄

 宜しくお願いいたします🌷🌷

広域事業部の岡田さん(右)と松永さん(左)

 広域事業部ならではの楽しさや難しさなどあれば教えてください😀

 広域事業部の面談は来所ではなく、主にZOOM等のオンラインで行っているので、来所面談では巡り合わないお客様との巡り合せがあることが楽しいです。

稀に海外の方との面談もあり、遠く離れているのに同じときを共有できているのは、
なんだか不思議な感じがします。

基本的に全案件ペーパーレスで作業をしているので、紙で作業していた時と作業工程や気を付けることが違いとても新鮮です。
ペーパーレスでの作業は難しいこともあり、この場所にこの角度で矢印を入れたいと思っても、思ったように矢印が入ってくれない等、困ってしまうこともあります。

 広域事業部は、比較的財産ボリューム少なめの案件がメインになるので、その分多くの案件に携わることができることが楽しさかなと思います。

難しさは特に感じたことがないです・・・紙での申告ではなくペーパーレス申告がメインなのが特徴ですが、慣れてしまえばとても便利でラクだなと感じています。

 広域事業部は全案件ペーパーレスで作業されているんですね!😲

河越さんは、デスク上のものが少なく整理整頓されていたり、デジタル化等も進めていたりと生産性の高い部長のイメージですが、
お2人から見た河越さんはどう見えていますか??

 河越さんはフットワークがかなり軽いので、とても頼もしいです。
作業スピードもとても速く、「こうしたらもっと効率が良いよ。」などアドバイスをくれるので助かっています。

 まさにその通りです!!仕事がとても速く、いつも的確な判断で広域事業部を引っ張ってくださっていて、頼りになる存在です。

色々答えてくださいました☆彡

 ちなみに、お2人が仕事をするうえで大切にしていることや気を付けていることがあれば教えてください(^-^)

 私はミスなくスピーディーに仕事をするよう気を付けています。
PS職(https://chester-recruit.jp/work/support.php)が作業したものを専門職が引き続き作業するので、ミスがない方が専門職の方も助かると思っているし、お互いストレスフリーだと思います。

打ち間違いや抽出漏れ等は、作業後にセルフチェックすれば防げるミスなので、必ず確認しています。

 私は今年の夏に入社したばかりで、まだまだ広域事業部の皆さんに教えていただくことが多いですが、先輩や上司に一度教わったことは必ずメモを取って、次回からはある程度自分で進めることができるように心がけています。

当たり前のことではありますが、仕事を教えてもらう側としてはこれが一番大切なことかなと思います。

 お2人とも、ご回答ありがとうございます!
部内でしっかり連携しつつ、ペーパーレスにも柔軟に対応されていることが良く分かりました😊ありがとうございます🙏

最後に河越さんから一言お願いいたします🌟

 12月時点までの9か月間で、面談対応件数や売上金額、申告件数は高い水準で出せているのでとりあえずはよかったなと思っています。ペーパーレス→電子申告という業務の流れも確立できました。

来期は一旦広域事業部としての動きは無くなりますが、部署自体が無くなるわけではないので、また動き始められるように社内の制度等を整えることが目標ですね。

来期も、拡大を続けるチェスターを楽しみにしていただきたいです(^^)

 河越さん、岡田さん、松永さん、本日はご協力ありがとうございました🍀

今日は広域事業部についてご紹介しました😊
来期どうなっていくのか私も楽しみです☆彡


ご協力ありがとうございました☆彡


2022年も引き続きブログ更新していきますので宜しくお願いいたします😊
それでは良いお年を~ 🎍

(編集後記/2022.06)

河越さんは2022年4月より、佐久軽井沢事務所所⾧( 兼 広域事業部部⾧) に就任されています☆彡



税理士法人チェスターでは、
同じ志を持って働いてくれる仲間を随時募集しております。
お気軽にご応募下さい☆
https://chester-recruit.jp/recruit/



関連記事

Keywords