【事例17】旗竿地(旗振り)の評価

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

【事例17】旗竿地(旗振り)の評価

対象地図

【評価のポイント】

1)前面宅地と対象地を含めた全体の評価額(奥行価格補正考慮済)から前面宅地の評価額を差し引いた評価額(奥行価格補正考慮済)によって、求めた路線価格を元に評価を行うことが可能です。

当該ケースでは、
全体の評価額(A):100,000円×0.98(奥行30mに対する奥行価格補正率)×1,050u = 102,900,000円
前面の評価額(B):100,000円×1.00(奥行15mに対する奥行価格補正率)×300u = 30,000,000円
(A−B)÷750u = 97,200円 ←この金額を評価明細書のAに記載します。

【評価明細書の記載例】

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145