チェスターの選ばれる品質|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

チェスタークオリティ

法人案内チェスターミッションスタッフ紹介・事務所案内スタッフ紹介・事務所案内選ばれるチェスター品質

税理士法人チェスターが提供する高品質の申告サービス

 税理士法人チェスターは、相続税申告専門の事務所として、年間700件を超える相続案件を取り扱っており、高品質の申告サービスをご提供しております。年間を通してほとんど相続案件を行わない事務所がある中で、ご依頼頂いた相続税申告の実績件数はお客様からの信頼の証だと自信を持って申告のお手伝いをさせて頂いております。

 また、相続税申告を専門にしているため、無駄な業務をなくし効率的に業務を行うことで、報酬の低価格化も実現しています。「低価格で高品質」、この両者を実現させることによって、多くのお客様から相続税申告のご依頼を頂いております。以下では、税理士法人チェスターの相続税申告業務の一部をご紹介させて頂きたいと思います。

<最大限の節税を考慮し、土地や各種財産の評価を行っています>

 相続税申告の中でも専門性がより発揮される土地の評価についてご紹介します。土地の評価については様々な特例や評価減のポイントがあり、税理士が評価しても、大きく評価額が異なることがあります。

 税理士法人チェスターでは、豊富な実例をもとに、土地の評価を最大限下げることができるように評価を行っております。土地の評価方法一つを例にとってみても、税理士法人チェスターの申告作業に対する姿勢がお分かり頂けるかと思います。

 登記簿謄本、公図、測量図、住宅地図、路線価図を元に机上で評価を行います。上記の資料をもとに、土地の形状、概算の相続税評価額、付近の不動産相場や、周辺環境を確認し、把握します。
また、市区町村のホームページで容積率等の確認も行います。
グーグルマップやストリートビューで、周辺の様子を観察したりもします。

 机上評価を受けて、役所に赴き、調査を行います。主に、容積率、建築制限、セットバックの確認や、境界、道路付などを確認します。
建築概要書や道路台帳などの資料を請求することもあります。
(※ 机上評価をうけて、状況次第では現地調査を先に行うこともあります。)

 まず、図面と比較し、間口や奥行きの実測を行います。
図面上での距離と実測が異なることはよくあります。そのような場合には、
現況の実測で、評価し申告を行う必要があります。
また周辺環境、土地の形状や状況により減額できる要因がないかどうかの確認を行います。
道路付が悪かったり、土地が平地でなかったり、周囲に不動産価値を下落
させるような施設(騒音のする工場、墓地etc)があったり、高圧線が上空を通っていたりなど、一般的に不動産の価値を下落させる要因がある場合には、相続税評価においても考慮できる可能性が高くなります。

 上記、@〜Bの結果を受けて、最終評価を行います。また、場合によっては不動産鑑定士の時価鑑定を行うこともあります。ほんの一例ですが、以下のような事情がある土地は減額が行われやすいです。

・広い(500m2以上など)青空駐車場・シャッターガレージ
・空地、田畑や2階建以下の住宅・アパート・店舗の敷地など
・日の当たらない土地
・空中に高圧線が通っている土地
・騒音、悪臭等周囲の住環境が悪い
・土地に高低差がある
・土地の形がいびつになっている
・私道にしか面していない・道路に面していない等
・土地の中の一部が私道・通路となっている
・土壌が汚染されている
・建物の建築が難しく、通常の用途には使用できないと見込まれる土地
・セットバックが必要な土地
・同一敷地内で容積率が異なる

※ 机上の評価の段階で、役所調査・現地調査が必要ないと判断した場合には行わないこともあります。

この他各種財産の評価についても、相続税申告専門のノウハウを駆使し、各種財産の評価をできる
限り低くし、相続税の納付額を節税できるよう申告のお手伝いを行っております。

相続税専門ではない一般的な会計事務所に依頼するとこんなリスクが・・・
  • 現地調査や役所調査を実施しなかったために評価減ポイントを見逃してしまう
  • 土地の評価を下げる様々な規定を把握していないために過大評価しています

ページトップへ

<税務調査で指摘を受けないために>

 税務調査は、相続税申告全体の約30%に実施されます。そして、驚くべきことに調査が行われた中で約8割について申告漏れが指摘されています。調査で申告漏れを指摘されると本来納めるべき税金のほかに、最高で40%ものペナルティが発生します。当初から申告しておけば払わなくてもよかった余分な税金です。申告漏れを指摘される主な内容は、預貯金の申告漏れです。
 例えば、以下のようなものも相続財産として申告する必要があります。

1. 亡くなる直前に引き出した現金
2. 過去に相続人の口座に移動させた預金
3. 名義は違うけど、実質的に被相続人の財産であったもの
4. 生前、配偶者と財布が1つで、名義は違うけど実際はどちらの預金か分からなくなっている場合の配偶者の預金

 上記のようなものがないかどうか、税理士法人チェスターでは通常、被相続人様の過去約5年分の通帳を拝見させていただき、預金の入出金を調査します。
 そして、調査の結果、相続財産として計上すべきものは計上し、また計上しなくてもよい多額の入出金については予め税務署に対して内容を示すことにより、税務調査で指摘を受けないようにしています。
 例えば、上記の4のようなケースでは、配偶者名義の預金も相続財産として計上する必要がありますが、全額を計上する必要はありません。配偶者固有の財産部分については、相続財産として計上する必要がないからです。
 根拠資料が乏しい場合には、そちらの算出は困難になりますが、それでも税務上問題のない範囲で出来る限り節税となるように税理士法人チェスターでは計算させていただいております。

 このように税理士法人チェスターでは、申告書に添付する資料の作成の工夫や税務署への説明書の添付等、できる限り税務調査の対象とならないような、質の高い申告書を作成しております。

相続税専門ではない一般的な会計事務所に依頼するとこんなリスクが・・・
  • 預金移動調査を実施しなかったために、数年後に税務調査で指摘を受けペナルティを払うハメに
  • 本来は計上しなくても良かった名義預金を計上することで相続税を過大に納税

<税理士2名がダブルチェックを行います>

 税理士法人チェスターでは、申告書類の作成に関し必ず二人の税理士が目を通します。
お客様の大切な税金、1円のミスも許されません。

 税理士が1人しかいない税理士事務所では、申告書は1人の税理士しか目を通すことができません。有資格者によるチェックを徹底させることで、税理士法人チェスターでは、単純ミスを含めミスを犯さないように最大限努力しています。

 また、相続税の申告経験の少ない税理士が申告書類を作成すると思わぬところでミスをしてしまう可能性もあります。税理士法人チェスターでは、相続税申告を専門に取り扱っており、年間700件を超える相続案件をお手伝いさせていただいております。それゆえ、知識やノウハウが蓄積され、クオリティの高い相続税申告が可能となります。
 必ず複数の上位者が申告書を査閲する体制を構築しているため、担当者によってレベルに差が生じることなく、全ての相続税申告書が税理士法人チェスターの厳しい品質をクリアしています。

国税OB税理士の外部顧問による万全の審査体制

 税理士法人チェスター内部の複数税理士の審査体制に加えて、相続税分野の税務調査経験豊富な国税OBの顧問税理士と提携しており、複雑なケースやグレーゾーンの判断において外部の国税OBの顧問に相談できる体制が整っています。

 税理士法人チェスターではこれまで累計2000件以上の豊富な相続税申告実績がありますので自社内でも十分に質の高い申告書作成及び審査が可能ですが、さらに外部の国税OB税理士の知見を取り入れいることで後で税務署から指摘を受けない万全の相続税申告を行うことが可能となっています。

相続税専門ではない一般的な会計事務所に依頼するとこんなリスクが・・・
  • チェック体制が整備されておらず、税理士事務所の単純ミスにより相続税を過大に納税
  • 担当になった税理士の実務レベルが低く、また組織としてのチェック体制も働かないため業務において様々なミスが発生

<徹底した期限管理をお約束します>

期限管理イメージ

 相続税の申告期限は相続が発生してから10ヵ月という短い期間しかありません。相続後は、様々な手続きで相続人様の心身的負担も大きくなります。

 税理士法人チェスターでは、少しでも相続人様の相続手続きの負担を軽減できるようお約束させて頂いた期限内での作業実施を徹底しております。中には相続税の申告期限が10ヵ月あるために、申告作業をぎりぎりまで行わない会計事務所もあるといいますが、弊所ではご依頼頂いてからのスピード申告・期限管理を重要視しています。
 相続税申告のための作業を早く終えることで、余裕をもった遺産分割協議の話し合いや、相続税の納税資金の準備を行うことができ、その後相続手続きを円滑に進めることが可能となります。

 弊所では、オリジナルの工程表や申告作業進捗チェックリストを用いて、申告作業が遅延することがないよう徹底した期限管理をお客様にお約束しております。

相続税専門ではない一般的な会計事務所に依頼するとこんなリスクが・・・
  • 法人の決算や所得税の確定申告が忙しいという理由で相続税申告業務は後回しに
  • 期限ぎりぎりで追加で必要な資料を依頼されたりと、何かと段取りが悪い

ページトップへ

他の事務所に真似できない”相続税専門”の強み

 税理士法人チェスターの強みは、会計事務所では例を見ない”相続税専門”という点です。
 開業以来、相続税の申告実績は1000件を超え、直近では税理士業界でもトップクラスの年間700件を超える相続税申告を行っています。そこで蓄積されたノウハウや経験により、高品質で低価格の相続税申告を実現させています。これは税務調査率僅か1%程度という数字にも表れています。全国平均の相続税税務調査率が30%程度であることと比べると、税理士法人チェスターの相続税申告書が税務署からも信頼されていることが分かります。

 ここでは、税理士法人チェスターの「高品質の相続税申告書を作成するための専門性の高さ」の一部を垣間見ることができる内部の機器や書籍管理等をご紹介します。

<最新鋭の調査機器>

 相続税申告作業において、「土地の評価」は特に重要な作業の一つです。担当する税理士によって、評価額に大きな違いが生じることも珍しくありません。税理士法人チェスターではこれまで数千か所の土地評価を行っており、最も節税できる相続税評価額で申告を行う自信があります。
 土地を評価する際には、現地調査を行い、減額要因の有無を確認しますが、その際にも最新鋭の機器を使用しています。例えば、距離の測定には、カメラレンズで有名なライカ社のレンズを採用した『レーザー距離計ライカディストD5』を使用し、レーザー標準により正確な距離の測定を行います。
 また高低差や騒音状況の確認のための機器も使用しています。

レーザー距離計
〜距離の測定用〜
ハンドレベル
〜高低差の測定用〜
ウォーキングメジャー
〜長距離の測定用〜
騒音計
〜騒音の測定用〜
レーザー距離計 ハンドレベル ウォーキングメジャー 騒音計
相続税専門ではない一般的な会計事務所に依頼するとこんなリスクが・・・
  • メジャーや歩測などによる不正確でいい加減な測量によって土地の評価額が高くなってしまうリスク
  • 外部の測量士への外注による余分なコストの発生

<専用CADソフトでの図面作成>

図面作成作業イメージ

 相続税の土地評価を行う際には、土地の形状(不整形地)や奥行・間口距離によって評価額を下げることができます。
 しかし旧来の会計事務所では、紙媒体(公図や測量図)に直接三角スケールを使用して手書きで画地補正を行っていることが多いの現状です。この点、税理士法人チェスターでは土地評価専用のCADソフトを全パソコンに導入しており、正確で見た目も綺麗な土地評価資料を作成しています。
 こうしたソフトの使用により、税務署提出書類の信頼性も向上し、ミスのない正確な土地評価が可能となります。

相続税専門ではない一般的な会計事務所に依頼するとこんなリスクが・・・
  • 手書きで想定整形地を描くと言った不正確で時代遅れの資料作成によって土地の評価額が高くなってしまうリスク

<相続税・資産税に関する専門書籍の充実>

 相続税申告という専門的な業務を行う上では、専門書は必要不可欠な存在です。
 ただ、高価な専門書を、相続税申告を専門としない税理士事務所が、常備しておくことは容易ではありません。
 また、税制改正があるたびに買い替える必要もあります。
 税金と言うのは、答えがひとつではありません。学者によって意見が分かれる場合や、同じ事象でも条文の解釈などによって違う結論になることも多々あります。税理士法人チェスターでは、想定される複数案を網羅的に検証し、納税者にとって最も有利な処理を行っております。

相続・資産税関係の書籍 「小規模宅地の特例」に関する書籍
本棚の9割以上は相続・資産税関係の書籍 「小規模宅地の特例」に関する書籍だけでも8冊

ページトップへ

税理士業界内からも高い評価と信頼

 税理士法人チェスターは、相続税専門の税理士事務所として同じ税理士業界からも高い評価を受けています。例えば、他の会計事務所から難しい土地の相続税評価のみのご依頼や、相続税経験があまりないので相続税申告業務を全て任せたい等といったご依頼も多くあります。

専門家向けのセミナーや雑誌寄稿等により相続税知識の普及を行っています

 税理士法人チェスターでは一般の方向けのセミナー以外にも、税理士等の専門家向けセミナーや講演も行っております。相続税は土地評価や名義性財産の判定、税務調査対応等、税理士であっても実務で経験しなければ習得が難しい論点が数多くあります。こういった講演活動から、税理士会の研修単位の対象となる講座にも指定されている講座もあり、専門家からの信頼度が高いことがうかがえます。
 また、税理士が購読するような専門雑誌の相続税分野においても弊所税理士の論文等が掲載されています。

 税理士法人チェスターが講師を担当しているセミナーの履歴はこちらよりご覧頂けます。

専門家(税理士)向けの書籍も複数出版しています

 税理士法人チェスターではこれまで数多くの書籍を出版してきており、主には一般の読者向けと税理士等の専門家向けの2つのジャンルに分かれます。専門家向けの書籍は、購読者が税理士等の専門家となるため内容の専門性や著者の信頼性が重要となります。これまで当法人では下記のタイトルの専門家向け書籍を発売しています。


  • ・税理士が本当に知りたい生前贈与相談“頻出”ケーススタディ
  • ・税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A
  • ・税務調査でそこが問われる!相続税・贈与税における名義預金・名義株の税務判断


税理士が本当に知りたい生前贈与相談ケーススタディ ど素人ができる相続&贈与の申告 『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』
『税理士が本当に知りたい生前贈与相談ケーススタディ』 『税務調査でそこが問われる! 相続税・贈与税における 名義預金・名義株の税務判断 『税理士が本当に知りたい相続相談頻出ケーススタディQ&A』

有効な相続対策となる「生前贈与」にスポットをあて、実務上の注意点や具体的な方法を解説。
税理士法人チェスター(編)
出版社:清文社

財産の帰属先を分けるポイントを豊富な裁判例・裁決例から徹底的に分析。
税理士法人チェスター風岡範哉(著)
出版社:清文社

1,000件を超える相談実績から“よくある事例”を厳選
税理士法人チェスター(著)
出版社:清文社

2000名以上の税理士の会員を持つ会員制組織を運営

会員の税理士向けの相続実務セミナーの様子
※ 会員の税理士向けの相続実務セミナーの様子(H28.8.5開催)

 税理士法人チェスターには、チェスター相続ビジネスクラブという専門家向けの会員組織があり、2,044名(H29.2現在)もの会員が登録しています。このチェスター相続ビジネスクラブは当法人で蓄積された相続税の知識や経験、ノウハウ等を共有して、相続税の専門家の成長や知識の啓蒙を目的として活動しています。このチェスター相続ビジネスクラブの会員の税理士からも相続税関連の質問や業務が紹介が寄せられており、当法人への信頼や期待が伝わってきます。

所内研修・外部研修等を通じて、日々職員のスキルアップに努めています

所内研修イメージ

 税理士法人チェスターではお客様対応をさせて頂く税理士やスタッフの専門知識の研鑽や育成に非常に力をいれています。最新の税制改正情報や、個別事案、外部セミナー情報等を所内で共有しています。当法人では年間700件以上の相続税申告業務をお受けしており、その各申告で重要な論点等を共有して勉強することで組織全体の相続税業務のレベルアップに繋げています。1人1人の職員の専門性の高さが税理士法人チェスターがお客様から信頼して頂ける何よりの自信だと考えています。


法人案内チェスターミッションスタッフ紹介・事務所案内スタッフ紹介・事務所案内選ばれるチェスター品質

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306