【事例7】凹型で間口が分断されている宅地

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

【事例7】凹型で間口が分断されている宅地

対象地図

【評価のポイント】

1)当該ケースでは、間口距離は5m+5m=10mとなります。

2)不整形地の評価は、通常通り可能です。

【評価明細書の記載例】

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145