相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

契約者貸付金のある生命保険と相続税

契約者貸付金のある生命保険と相続税

生命保険には、契約者貸付金の制度を設けている場合があります。

生命保険に加入すると、長期支払いを続けなければならず、その長い人生の間には、急にお金が必要になることもあります。

そうなると、月々の高い保険料を払えなくなることもしばしばですから、保険会社としては契約を解約させないために、一時的に解約返戻金の範囲内で資金を貸し付ける制度を設けているのです。

保険金を受け取った際には、みなし財産として、通常課税対象となりますが、契約者貸付金がある場合、受け取る保険金はその契約者貸付金を控除した額となります。

相続税対象になるかどうかは、保険契約者が被相続人であるか、それ以外であるかによって異なってきます。

契約者が被相続人のときは、保険金は契約者貸付金などを控除した金額の保険金を取得したものとして、相続税の対象になります。

なお、これに関しては基本通達3−9「契約者貸付金等がある場合の保険金」で述べられています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

すべてがはじめての事だったので最初はとても不安でしたが、適切なアドバイスをいただき不安もなくなりました。全てがスムーズにすすめられ本当に助かりました。 亡くなった妻もきっと感謝しています。ありがとうございました。

両親を同時に亡くし、生前に相続税申告が必要とは夢にも思っていなかったため、右も左もわからない状態でのスタートでしたが、お蔭様で、何とか期限までに無事に手続きを済ませることができました。 ネットの検索で貴社のホームページを見つけ、恐る恐る電話をかけた日 […]

相続という人生初めての経験で、解からない事だらけで不安な中、細部に渡り具体的に何度も手続きから説明を頂き、長い期間に渡り手助け頂いた事に感謝しています。 何度も御連絡頂く中で親身になって相談にも乗って頂き、無事相続が終了できた事に安堵しています。本当 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る