年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

契約者貸付金のある生命保険と相続税

契約者貸付金のある生命保険と相続税

契約者貸付金のある生命保険と相続税

生命保険には、契約者貸付金の制度を設けている場合があります。

生命保険に加入すると、長期支払いを続けなければならず、その長い人生の間には、急にお金が必要になることもあります。

そうなると、月々の高い保険料を払えなくなることもしばしばですから、保険会社としては契約を解約させないために、一時的に解約返戻金の範囲内で資金を貸し付ける制度を設けているのです。

保険金を受け取った際には、みなし財産として、通常課税対象となりますが、契約者貸付金がある場合、受け取る保険金はその契約者貸付金を控除した額となります。

相続税対象になるかどうかは、保険契約者が被相続人であるか、それ以外であるかによって異なってきます。

契約者が被相続人のときは、保険金は契約者貸付金などを控除した金額の保険金を取得したものとして、相続税の対象になります。

なお、これに関しては基本通達3−9「契約者貸付金等がある場合の保険金」で述べられています。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

損害保険の解約返戻と相続税

損害保険の解約返戻と相続税 相続が発生した場合、故人が損害保険に加入されていた場合には、名義を変更するか解約の手続きをとることとなります。 損害保険の解約の手続きを選ばれた場合、解約にあたっては、相続人が必要書類を用意して保険代理店などで手続きを行い […]

満期養老保険を相続した場合の相続税評価額

満期養老保険を相続した場合の相続税評価額 保険には実に様々な商品があります。 生命保険の一種として、満期の際に死亡保険金と同額の保険金(満期保険金)が支払われるものを養老保険といいます。 養老保険には積み立て(貯蓄)の意味もあるので、保険料は割高です […]

生命保険契約に関する権利の相続税評価

人が亡くなれば、相続が開始し相続財産が相続人へと引き継がれます。 相続財産には現金、有価証券、不動産などさまざまなものがありますが、生命保険契約に関する権利というものも相続財産として取得されることがあります。 1.生命保険契約に関する権利の相続 生命 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る