相続に関する知識コンテンツ

保安林の相続税評価方法

保安林の相続税評価方法

山林を所有している人の中には、その山林が保安林に指定されている人もいます。保安林とは、水源の確保や防災といった機能のために保持される山林のことです。農林水産大臣や都道府県知事から指定を受け、開発などに制限がかかる保安林ですが、個人の持ち物です。この保安林に対する相続税の評価はどうなるのでしょうか? 1.保安林とは? 1-1.保安林とはどんなもの? 保安林とは、水源の確保や土砂災害の防止、防風……

記事を見る

全容を大公開!相続税の税務調査パーフェクトガイド【これで安心!聞かれやすい18の質問と対処法】

相続税の税務調査パーフェクトガイド【これで安心!聞かれやすい18の質問と対処法】

この記事を読んでいるあなたは相続税の税務調査がすでに来ているか、今後入るかもしれないと心配されていると思います。 「実際に税務調査が来たらどんなことを聞かれるのだろう?」「何か入られないための対策はないだろうか?」と、相続税の税務調査に対する不安は多岐に渡るでしょう。 税務署は納税者に不利な指摘をしてくることが多いですが、相続税の税務調査は事前に対処方法を知って準備をしていれば防ぐこと……

記事を見る

死因贈与のメリットと注意点!かかる税金についても解説

死因贈与のメリットと注意点!かかる税金についても解説

死因贈与は、遺贈と比べると法的手続きが簡単など、いくつかメリットがあります。一方で、不動産取得税や登録免許税の負担が増えるなど、デメリットや注意点があるのも事実です。死因贈与を行う前に、最低限知っておくべき項目につき、遺贈と比較しながらご紹介していきます。 1.死因贈与とは? 死因贈与とは、贈与をする人(贈与者)と贈与をされる人(受贈者)の双方の合意によって締結される贈与契約です。契約の締結自……

記事を見る

相続税申告における税務代理権限証書の記載方法

相続税申告における税務代理権限証書の記載方法

相続税の税務代理権限証書とは、税理士が相続税の申告に携わった場合、申告書に添付する必要のある書類です。 これは、相続税に限らず、税理士が法人や個人の申告に関わった場合に必要な書類になります。 相続税の税務代理権限証書の添付が必要な場合、どのように記載していくのか手順を確認していきましょう。 1.税務代理権限証書とは? 税務代理権限証書とは、税理士が申告者の代わりに税務を行った証拠として各申……

記事を見る

収用により譲渡されたために農業経営を廃止した場合の利子税の特例

収用により譲渡されたために農業経営を廃止した場合の利子税の特例

収用交換等によって贈与税の納税猶予の対象となる農地を譲渡した場合には、納税猶予の適用が消滅し、猶予されていた贈与税に利子税を加算して納税する必要があります。では、収用交換等によって当該農地を譲渡した場合には、どのような取り扱いがなされるのでしょうか。以下で解説します。 1.収用により譲渡に係る農業経営を廃止した場合の利子税の特例 ある質問者から、贈与税の納税猶予の特例を受けている農地の90%以……

記事を見る

名義預金に時効はない!名義預金と認定されないための対策方法を解説

相続税の対象となる名義預金には時効がない!?

生きているうちに少しずつ財産を贈与して相続税対策をするときは「名義預金」とみなされないようにする必要があります。孫や子供などの名義で預金口座を作ってお金を入れていたとしても、名義預金とみなされてしまえば相続税の課税対象となってしまうためです。 名義預金には時効がないため、口座に入金してから何年が経過しようとも相続税の課税対象となります。また、名義預金の存在を隠して相続税を申告しても、税務調査……

記事を見る

賃貸アパートに隣接する駐車場敷地の相続税評価

賃貸アパートに隣接する駐車場敷地の相続税評価 サムネ

土地700㎡を所有(普通住宅地区に所在)しており、400㎡をアパート建物敷地として、残りの300㎡を駐車場として利用しています。 アパートの契約書を確認したところ、アパートは全8室中6室が課税時期において入居中でした(各独立部分の床面積の合計:160㎡、課税時期において賃貸されている各独立部分の床面積の合計:120㎡)。 また、賃貸借契約書上では隣接する駐車場の利用契約も一体となってお……

記事を見る

利用価値が著しく低下している宅地の評価

利用価値が著しく低下している宅地の評価 サムネ

評価対象地Aの周辺は近年、公共事業の開発が進み鉄道路線と幹線道路が開通しました。それに伴い交通量が激増し一日中騒音と震動が激しく、Aの付近にある他の宅地B及びCの利用状況から見て利用価値が著しく低下していると認められます。 なお、路線価には騒音・震動による影響は考慮されていません。 1. 利用価値が著しく低下している宅地の評価方法の概要 以下の①~④に掲げるとおり、宅地の利用価値が付……

記事を見る

旗竿地の土地の相続税評価

旗竿地の土地の相続税評価 サムネ

自宅として利用している評価対象地は、下図のような、いわゆる旗竿地です。 そのため、自宅に入るためには、路線価に面している4mの敷地を通ることになります。なお、広大地には該当しません。 1.旗竿地の評価方法の概要 旗竿地は通路となる敷地があるので、一般の宅地に比べて奥行が長くなり、奥行価格補正率が1.00未満になることが多いので評価減が可能です。 これだけでも十分評価額を下げることが……

記事を見る

道路との間に水路や河川がある土地の評価

道路との間に水路や河川がある土地の評価 サムネ

自宅として利用している評価対象地と建築基準法第42条に規定する道路との間に水路があり、幅5mの橋が架かっています。 この水路は市区町村が管理しており、建築計画概要書を確認すると、市区町村から橋の部分に係る水路の占用許可を得ていることが判明しました。 1.道路との間に水路や川がある土地の評価方法の概要 水路や河川を隔てて土地がある場合、評価対象地が接道義務を満たしているものと認めら……

記事を見る