空き室がある場合の小規模宅地等の特例について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

空き室がある場合の小規模宅地等の特例について -2014/03/11-

関連キーワード: ,

小規模宅地等の特例とは、相続税の計算上、相続人の生活基盤となる宅地の評価について、一定の要件のもと減額が認められている制度です。

活用できると相続の際に大きなメリットとなります。

小規模宅地等の特例を適用できる宅地の1つに、貸付事業用の宅地があります。

例えば、被相続人が管理していたアパートの建っている宅地を相続した場合です。

このような宅地を相続し、小規模宅地等の特例を適用する上で注意しなければならないことは、アパートの賃貸状況です。

小規模宅地等の特例を適用できるのは、賃貸部分に対応する宅地のみで、空き室部分に対応する宅地には適用することはできません。

ただし、この空き室が相続開始時において一時的なものであると認められる場合は、対応する部分に小規模宅地等の特例を適用することができます。

空き室が一時的なものと認められる場合は、退去後速やかに新たな入居者の募集が行われたかどうか、空き室の期間が相続開始の前後の例えば1カ月程度であることなど、事実関係から総合的に判断します。

column_20140310_com 監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続により上場株式を取得しその株式を譲渡した場合

【前の記事】:上場株式の配当金の取り扱い

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306