遺産取得課税への変更当面見送り

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産取得課税への変更当面見送り -2008/12/21-

平成21年税制改正大綱が12日発表となりました。 それによりますと、平成21年から導入が予定されていた遺産取得課税への計算方法の変更に関わる税制改正が当面見送りとなりました。

現状で相続税の課税対象は、約5%程度。これを今回の改正で10%程度まで引き上げるのでは、という噂もありましたが、そちらも見送りです。

ただ予定通り、非上場株式の8割評価減という事業承継税制は導入される予定のようです。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:年末・年始営業のお知らせ

【前の記事】:配偶者控除と扶養控除の所得要件について

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145