一次相続で一部未分割の状態のまま二次相続が発生した場合における更正の請求の可否と対応

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

一次相続で一部未分割の状態のまま二次相続が発生した場合における更正の請求の可否と対応

一次相続における申告

 
相続税法第55条によると、未分割遺産に対する課税の方法として、「民法(第904条の2(寄与分)を除く。)の規定による相続分又は包括遺贈の割合に従って当該財産を取得したものとしてその課税価格を計算するものとする」と規定されています。

 
この計算方法の解釈として「積上げ方式」と「穴埋め方式」が広く認知されています。積み上げ方式とは、すでに一部分割済の財産は無視して、単純に未分割になっている相続財産のみを法定相続分で按分して各人の相続税の計算をする方法です。

 

これに対して、穴埋め方式とは、すでに一部分割済の財産の割合も考慮して、未分割分の財産を按分して相続税の計算をする方法です。
現在では最高裁判例により「穴埋め方式」によって計算することとされています。

20161005a

 

 

二次相続における申告

 
一次相続(夫が死亡)における相続財産が一部未分割状態のまま二次相続(妻が死亡)が発生した場合、二次相続発生時点における被相続人が所有する財産は、一次相続で穴埋め方式によって取得したものと仮定された財産を所有しているものとして、相続税の額を計算する方法が妥当であると考えられます。

 
しかし、その後一次相続で未分割だった財産の分割が決定したとしても、相続税法第32条1項1号の規定に基づいて更正の請求が可能かどうかは明記されていません。この点、平成14年7月4日国税庁資産課税課・国税庁資産評価企画官室の情報によると、更正の請求はできない旨の記載があります。

 
この考え方を踏まえると、一次相続における未分割財産は二次相続における相続財産に含めず、実際に一次相続で分割が決定し、二次相続における被相続人の財産が増額した場合に、修正申告をする方法を採用することが妥当であると考えられます。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145