自用地と貸宅地及び貸家建付地が混在する私道の評価について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自用地と貸宅地及び貸家建付地が混在する私道の評価について

自用地と貸宅地及び貸家建付地が下記のように混在した場合において、私道の評価を行う際には、どのようにすれば良いのでしょうか?

jitumu_140228

この場合、私道全体の評価額をB~Iの全体地積で除し、自用地部分・貸宅地部分・貸家建付地部分に按分して計算することとなります。
具体的な算式は下記の通りです。

①私道評価額×貸宅地地積÷全体地積×(1-借地権割合)
②私道評価額×貸家建付地地積÷全体地積×(1-借地権割合×借家権割合)
③私道評価額×自用地地積÷全体地積

また、正面路線において接道をとるA及びKについてはこの計算の算式には含めないということについても注意が必要です。

チェスター相続クラブ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145