年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスター相続税実務研究所

自用地と貸宅地及び貸家建付地が混在する私道の評価について

2014/02/28

自用地と貸宅地及び貸家建付地が下記のように混在した場合において、私道の評価を行う際には、どのようにすれば良いのでしょうか?

自用地と貸宅地及び貸家建付地が混在する私道の評価について

この場合、私道全体の評価額をB~Iの全体地積で除し、自用地部分・貸宅地部分・貸家建付地部分に按分して計算することとなります。
具体的な算式は下記の通りです。

①私道評価額×貸宅地地積÷全体地積×(1-借地権割合)
②私道評価額×貸家建付地地積÷全体地積×(1-借地権割合×借家権割合)
③私道評価額×自用地地積÷全体地積

また、正面路線において接道をとるA及びKについてはこの計算の算式には含めないということについても注意が必要です。

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る