相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

合名会社等の出資の相続税評価

合名会社等の出資の相続税評価

持分会社と称されている合名会社や合資会社、合同会社。

これら合名会社等の出資の評価は、原則として、財産評価基本通達178「取引相場のない株式の評価方法」などによって評価されています。

評価の際は、その対象企業は、従業員数や総資産価額などから定められた規模によって、大会社、中会社、または小会社に区分され、それぞれの評価方法が適用されます。

まず大会社ですが、「類似業種比準価額」で求められます。

従業員数が100人以上なら大会社となります。

次に中会社(例えば従業員数が100人未満で、卸売業なら総資産価額が7,000万円以上のような会社)の場合、計算式は、

〔類似業種比準価額×割合(0.6~0.9)+1株あたりの純資産価額×{1-割合(0.6~0.9)}〕

となります。

それ以下の規模である小会社の株式の価額は、〔一株当たりの純資産価額〕によって評価されます。

この一株当たりの純資産価額は、以下の①を②で割ることにより求めます。

① 課税時期現在の純資産価額(相続税評価額)
② 課税時期現在の発行済株式数

簡単に述べるなら、会社の持っている資産(土地、建物、有価証券)や負債を、相続税評価方式で評価し、貸借対照表を作成します。

そこから純資産を求め、発行済株式数で割り、一株当たりの純資産価額を求めます。

なお、同族株主等の議決権割合が50%以下の場合には、 〔一株当たりの純資産価額〕×0.8 となります。

なお、同族株主以外の株主等が取得した株式、特定の評価会社の株式の価額は、別途評価基準が定められているので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何から何までお世話になり、大変感謝しております。 素人の私では相続税の申告および準確定申告の手続きはあまりに難しく、とても出来なかったと思います。 いつもていねいな対応でありがとうございました。

マンションの相続の計算等、税額をおさえられるように、計算の方法等調べて下さり、ありがたく思いました。 それから全て税務調査があっても大丈夫なような書類に驚きました。

・相続税は、私にとって全く未知の領域で、大変不安でしたが、担当の田代さんが親切丁寧かつ的確に説明して下さり、十分理解し、納得して納税することができました。大変満足しております。こちらに依頼して本当に良かったです。ありがとうございました。 ・土曜日、日 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る